<エンゼルス7-4ツインズ>◇10日(日本時間11日)◇エンゼルスタジアム

 夢が膨らむ1発だ。エンゼルス大谷翔平投手(23)がツインズ戦に「5番指名打者(DH)」で出場し、7回の第4打席で5号ソロを放った。右腕ヒルデンバーガーのシンカーを捉え、貴重な追加点をたたき出した。推定飛距離は126メートル。パワーあふれる打撃に、現地では日本人選手として初めてとなるMLBオールスターでのホームランダービー選出もささやかれ始めた。

大谷は打った直後に少し歩き、ゆっくりと走り始めた。2点リードの7回2死、初めて対戦するヒルデンバーガーの初球だった。「しっかり振り切れていたので、いい打球だった」。シンカーを完璧に捉え、本塁打となる手応えがあった。打球は高く舞い上がり、エンゼルスタジアムの名物、パイルロックへと吸い込まれた。「イメージ通り、球もたまたま甘かったですけど、しっかり打てた。勝ちにつながって良かったと思います」。納得の打撃だった。

勝利に貢献する貴重なアーチと同時に、夢を膨らませる本塁打でもあった。試合前、MLB公式サイトの記者から日本メディアに、ある質問が飛んだ。「大谷は日本でホームランダービーに出たことがある? 優勝した?」。2日前、ロッキーズ戦前の打撃練習で、右翼3階席に150メートル弾を連発した。周囲の度肝を抜いたその後、球宴での「ホームランダービー出場」がささやかれ始めた。興味津々に現地メディアが話題にする中、打席でそのパワーを見せつけた。

もっとも大谷は、二塁打を打つことを打撃スタイルの基礎とする。本塁打はその延長で出るという考え。「ホームランを量産するタイプではないと思っているので、ツーベースを基準にいければいい」。その言葉通り、第2打席では右中間へ適時二塁打を放った。「今日みたいなバッティングがベースになってくれば、ホームランは出るのかなと思います」。二塁打の後に本塁打を打つ。自らの理想を実践した。

今季7度目のマルチ安打で、打率も3割5分4厘まで上昇。大谷は2本の長打を「どちらも良いタイミングで打てた」と充実した表情で振り返った。二刀流として申し分のない好スタートを切り、球宴出場も現実味を帯びてきた。夢は膨らむ一方だ。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

20 − 10 =

Translate

Popular Post

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野太郎外相は5月にロシアを訪問し、第二次世界大戦からの敵対行為を正式に終結させるための和平条約交渉を救済することを望んでいる、と情報筋は述べている。 訪問が進むならば、Konoは戦争の衰退した日にソビエト軍によって押収された領土の復帰への道を開くことができる突破口に達することを期待して2月以来3回目の彼のロシアの相手であるSergei Lavrovと会うでしょう。 両国の外務大臣と防衛大臣は、5月下旬に2対2会議として知られる会議で東京で会談を行う予定です。ラヴロフはまた別の会議のために河野と会う予定です。 しかし、日本政府は、河野とラヴロフの間の追加の会談が6月に日本で予定されている首脳会談からの明白な結果を発表するために安倍晋三首相とロシアのウラジミールプーチン大統領に役立つことを決定しました。 河野首相は4月22日に東京で外務大臣の外務大臣と反対側のイゴール・モルグロフとの間で実務レベルで交渉した後、5月11日から12日までロシアを暫定的に訪問する予定だ。 安倍首相とプーチン大統領は、昨年11月に和平条約に向けた協議を加速するために会談したときに合意した。 翌月、安倍首相は平和条約交渉を監督し、実務交渉を森氏に任命するため、河野氏を指名した。 安倍首相は、日本が北方領土と呼ぶ北海道沖の4つの紛争島すべてで​​はなく、2つの島の帰還を求めることから切り替えたが、ロシアはこの問題についてより厳しい方針を採用した。 日本の外交官によると、モルグロフは森が日本に第二次世界大戦の結果として4つの島が合法的なロシアの領土になったことを認めなければならないと繰り返し言わなければならなかったと繰り返し言いました。 ロシアは日本列島の「固有の部分」であるため、ロシアがノーザンテリトリーを違法に占領してきたという長年の立場を守りながら、日本はロシアの要求を拒否した。 この問題に関する両国間の認識のあいまいなギャップがデッドロックを引き起こした。 安倍首相は当初、プーチン大統領との会談中に和ロシアが和平条約について合意し、6月に首脳会談を控えて開催されるというシナリオを策定した。 しかし、ロシアがしっかりしているので、安倍政権内の多くの当局者は、次回の安​​倍プーチン会議ではロシアとのより広範な合意はありそうもないという考えに辞任している。 それでも、政府はロシアとの「できるだけ多くの連絡先」が現時点で可能な限り最善の政策アプローチであると判断したため、Konoをモスクワに派遣することになりました。 政権はまた、7月の参議院選挙に先立ってこの問題の進展を証明したいと考えている。

Read more