<とっておきメモ>

 869本への第1歩で、新記録を打ち立てた。

日本ハム清宮幸太郎内野手(18)が2回、オリックスのディクソンからプロ初アーチを放った。京セラドーム大阪の右翼3階席にライナーで飛び込む先制の130メートル弾。これでデビュー戦からの連続出場試合安打を「7」に伸ばし、ドラフト制後(66年以降入団)の新人では最長とした。

◇    ◇    ◇

常に掲げてきた高い志が、怪物ルーキーを作り上げた。清宮は中1の頃から、練習では木製バットを使用していた。調布シニアで指導した安羅岡監督は、振り返る。「木でもライナーでネットを越える打球を打っていた」。東京・調布飛行場に隣接するグラウンドの右翼は95メートルで、これが本塁打ラインとされたが、その後方に張られた高さ20メートルのネットを越えていった。「開いた口がふさがらなかった。木製バットでのティー打撃だからね」。木製バットへの苦手意識は、プロ入り当初からまったく感じられなかった。

炭酸飲料は飲まない。ジャンクフードの類は控える-。食生活でも、普通の中学生とは意識が違った。「将来の目的をしっかり持った子だった。目標に対して、ブレがない。こういうヤツが、プロに行くんだろうなと思っていた」。天才は、1日にしてならず。怪物もしかり、だ。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

7 + 15 =

Translate

Popular Post

日本企業は、2020年度に大学院生の摂取量を増やす意欲がない

共同通信の調査によると、日本の大手企業は、経済見通しへの懸念から、2020年度は4月から今年に比べて新卒採用を控えている。 トヨタ自動車、ソニー、みずほフィナンシャルグループを含む112社の調査では、21%、23社が、2019年度の29%からさらに多くの新卒採用を計画していると語った。 それでも、多くの企業は同時に、国内の慢性的な労働力不足と急速な高齢化を考えると、労働力の中で女性と外国人の数を増やすことに熱心であると述べました。 3月中旬から4月上旬にかけて行われた調査では、34%、つまり38社が以前のレベルの新卒採用を維持するとし、16%が10%から雇用を減らすと答えた。 より多くの新卒者を採用することに積極的な姿勢を示している企業は、鉄鋼、機械、不動産、小売の各分野で際立っていました。 10月に消費税を現在の8%から10%に引き上げるという政府の計画で激化している日本経済の方向性に対する不確実性に加えて、ある製造業者は情報の進歩でより少ない数の労働者が必要になると示唆した技術。 しかし、60%の企業が、主に日本の少子高齢化社会のために、必要な資源の確保に苦労していると答えています。 この状況に取り組む努力の一環として、57%が女性により有利な職場環境を作り出そうとしていると答え、24%がより多くの外国人労働者を受け入れようとしていると答えた。

Read more