大谷翔平の女房役がトレード移籍発表 大谷の脅威に

Source: hochi

 

エンゼルスのマーティン・マルドナド捕手(31)が交換トレードへアストロズへ移籍すると球団が発表した。

 エ軍には若手有望株の左腕、パトリック・サンドバル投手と25万ドルの「インターナショナル・ボーナスプール枠」(約2777万円)が移るという。

 プエルトリコ出身のマルドナドは16年12月にブルワーズからエンゼルスへトレード加入。昨季は正捕手として138試合出場し、打率2割2分1厘、14本塁打、38打点。強肩捕手としてゴールドグラブ賞に輝いた。今季は78試合出場し、打率2割2分3厘、5本塁打、32打点。メジャー通算では571試合出場し、打率2割1分9厘、47本塁打、81打点をマークしている。

 大谷翔平投手の正捕手だった。同地区ライバル球団への放出により、今後は脅威となりそうだ。

Source :

hochi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


twenty − ten =