<楽天4-1オリックス>◇24日◇東京ドーム

 これぞイニエスタパワーだ! 試合前セレモニーでスペイン代表MFイニエスタと握手をした楽天渡辺直人内野手(37)が、1点リードの8回裏2死一、二塁の場面で値千金の適時三塁打を放った。オリックス沢田の外角145キロ直球を右中間へ。「かなり足がもつれました(笑い)」となんとか三塁へ到達。チームのリードを3点に広げ、岸の今季4勝目(1敗)を大きくアシストした。

4万4297人の観衆を集めた、年に1度の東京ドームでのホームゲーム。試合前セレモニーにサプライズで登場したのは、サッカーJ1ヴィッセル神戸入りが発表されたばかりのスペインの至宝だった。ベンチ前での記念撮影で世界的MFの隣に陣取り、肩に手をかけてもらい、撮影後にはちゃっかり握手までしたのが渡辺直だった。

「隣にいた? たまたまです」と照れながら話したが「今日は本当に勝たなきゃいけない試合。たくさんの人に応援もしてもらって結果が出て良かったです」。三木谷オーナー&イニエスタが観戦した“御前試合”で、2年ぶりの三塁打を放つハッスルぶりに笑顔が止まらなかった。

チームは連敗を3でストップ。渡辺直自身も先月13日西武戦以来、1カ月以上もご無沙汰だった安打に「良い場面で使っていただいて、なかなか結果がでなくて…。悔しい思いもしていたんですけど、こういう場面でまた回ってきて打てて良かったです」と喜びをかみしめた。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four × one =

Translate

Popular Post

東京電力、福島工場で排気筒の撤去作業を延期

  東京電力は、福島第一原子力発電所の危険度の高い汚染度の高い排気筒の解体作業を計算誤差により延期した。 同社は5月16日、当初5月20日に開始予定の高さ120メートルの煙突の作業は、遅くとも6月まで延期されると述べた。 東京電力は、クレーンによって持ち上げられた特殊な切断装置の高さが当初の計画より1.6メートル低くなり、それがスタックの最上部に到達できないことを発見した。 作業担当の東京電力担当官は、「測定機器の誤差により、クレーンアームの吊り上げ角度が当初の計画と異なることが判明したと考えている」と述べた。 同社は現在、角度とクレーンの位置を調整するか、アームを下げた後にアームの長さを伸ばすことを検討しています。 工場の1号機と2号機には排気筒を使用した。 2011年3月に原子力災害が発生したとき、高放射性物質を含む蒸気が煙突を通して放出されました。煙突を支えるのに使用された金属棒は水素爆発によって明らかに傷つきました。 積み重ねの基部の周りの領域には、人が作業するには危険すぎるレベルの放射線が含まれているため、解体作業は遠隔操作で行われます。

Read more