<センバツ高校野球:智弁和歌山12-10東海大相模>◇3日◇準決勝

 智弁和歌山が東海大相模(神奈川)に12-10で打ち勝ち00年以来18年ぶりの決勝進出を決めた。10-10で迎えた10回表、冨田泰生外野手(3年)の犠飛などで2点を勝ち越し、乱打戦を制した。

東海大相模は1回に4点を先制したが智弁和歌山の強打の前に屈し7年ぶりの決勝進出を逃した。

試合経過は以下の通り。

東海大相模は初回、1番小松勇輝内野手(3年)が左三塁打で出塁すると2番山田拓也内野手(3年)の適時打でます1点。さらに後連打と四球で無死満塁とし5番梶山燿平外野手(3年)の走者一掃の右中間二塁打で3点を追加、計4点を先制した。

智弁和歌山は3回、2死満塁から4番文元洸成内野手(3年)の適時打で2点を返した。続く4回には、東妻純平捕手(2年)、神崎恵都外野手(3年)の適時打で4-4とすると2番西川晋太郎内野手(2年)の右中間への適時二塁打で5-4と試合をひっくり返した。

東海大相模は5回、渡辺健士郎内野手(3年)が右へ2ランを放ち6-5と再び逆転した。

東海大相模は6回、四球と敵失で好機を広げ山田拓也内野手(3年)の適時三塁打、さらに犠飛、敵失で加点し10-5とリードを広げた。

智弁和歌山は7回、暴投で1点を返した。さらに8回、2死二、三塁からプロ注目のスラッガー、林晃汰内野手(3年)の2点適時打で8-10と2点差。その後満塁とすると6番黒川史陽内野手(2年)の中前適時打で2者生還し10-10の同点に追いついた。

試合は10-10で延長戦へ突入。

智弁和歌山は10回、1死二、三塁から冨田泰生外野手(3年)の犠飛、黒川の適時打で2点を勝ち越した。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

five × 2 =

Translate

Popular Post

‘私のアメリカの夫は私をだましています。 私は離婚したいのです。

精通した東京在住の "Love in Japan"コラムニストであるHilary Keyesは、日本でのデートから女性の健康問題まで、読者からの匿名の質問に答えます。ヒラリーに質問したいことがありますか。 「Ask Hilary」という件名で、editorial@gplusmedia.comにメールしてください。 親愛なるヒラリー、 私は30代後半のアメリカ人男性と11年間結婚した日本人女性です。私たちは子供がいない、そして両方ともフルタイムで働いている(彼は英語を教えている、私はオフィスで働いている)。最近私は彼が他の日本人女性と私をだましていることを知りました。私たちの結婚は幸せでした、と私は思いました。昨年彼は彼が心臓の問題を抱えていると言ったので、私たちはセックスをするのをやめた。彼はいつも疲れていてとても遅く働いています、そして私がこの他の女性への彼のメッセージを見るまで私たちの結婚に何か問題があるとは思いませんでした。私達がデートしていたときに彼は前に不正行為をしていましたが、その時彼は若かったので私は彼を許しました。彼は彼女に会うのをやめるだろうと言ったが、私はもう彼を信用しない。私は彼を愛していました、しかし私は私が十分に持っていたと思います。私は離婚について友達に話しましたが、彼らは主婦であり、それは私の将来にとって良い考えではないと思います。あなたは私の最良の選択だと思いますか? - これにうんざりして これにうんざりして、 私の短い答え:彼と離婚します!正直なところ、あなたがそもそも彼と結婚したことさえ残念ですが、私たち全員が知っているように、私たちはそれがうまくいかないと思って結婚することは決してありません。人々は変化すると主張するかもしれませんが、不正行為は私が許すことができるものではありませんし、極端な状況でない限りそれを許すことをお勧めしません(全体的に非常にありそうもない)。 私の長い答えは、しかし、もっと考えました。あなたは彼を信頼していない、そしてあなたは十分に持っていたとあなたは言った。私はそれを完全に理解することができます。私は前にそのような状況にありました、そしてそれが来るのが容易な決断ではないということを知っています。ですから、あなたが将来あなたの決断を後悔することはないと確信してほしいのです。それはあなたの友達が表現しようとしていたことかもしれません。 専門家によると、離婚が現在より一般的になっている理由の1つは、女性がもはや夫に経済的に依存していないことです。女性は外出し、仕事に就き、そして自分自身を完全に支えることができます。それは私たちの両親の世代では単に不可能であった、あるいは社会によっては容認されさえしなかったことです。

Read more