<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:ナイジェリア1-2アルゼンチン>◇1次リーグD組◇26日◇サンクトペテルブルク

 1分け1敗で突破へは勝利が必要なアルゼンチンは、ここまでゴールを決められていないFWメッシらがスタメン。第2戦クロアチアでミスを犯したGKカバジェロに代えてGKアルマーニを起用。FWアグエロを外してFWイグアインを先発させた。

勝てば自力での決勝トーナメント進出となるナイジェリアは、第2戦アイスランド戦で2得点を挙げたFWムサが引き続き先発。19歳GKウゾホもスタメンに名を連ねた。

決勝トーナメント進出進出残り1枠をかけた運命の一戦はナイジェリアのキックオフでスタートした。

最初にチャンスをつかんだのはアルゼンチン。前半8分、DFタリアフィコが積極的にペナルティーエリア内に侵入し、左足でシュートしたが枠を外した。

ついにメッシが今大会初ゴールを挙げた。同14分、ロングボールを絶妙なトラップで縦へ抜け出すと、利き足とは逆の右足でゴール左に決めた。このゴールでW杯では06年ドイツ大会(1得点)、14年ブラジル大会3大会(4得点)を挙げており、3大会でのゴールはマラドーナとバティストゥータに並び、同国史上3人目の快挙達成となった。同34分には左からのFKを直接狙ったが、相手GKの手をかすめて右ポスト直撃。惜しくもゴールにならなかった。

前半、ナイジェリアは得意の高速カウンターが出ず、決定的なシーンを作ることが出来なかった。

前半は1-0でアルゼンチンリードで折り返した。

後半4分にナイジェリアがPKを獲得。左CKの競り合いで、相手MFマスケラーノに倒されてPKを得た。VARを採用されたが判定は覆らず。このPKをFWモーゼスが決めて、試合を振り出しに戻した。

勢いを取り戻したナイジェリアが猛攻を仕掛ける。同26分には左サイドからの横パスをMFヌディディが右足で強烈なミドルシュートを放ったが、ゴールの上を通過した。4分後にはペナルティーエリア内で相手のクリアミスを途中出場のFWイガロが右足シュートを放つもゴール左に外れて決定機を逃す。だが、クリアミスの時に手に当たったとしてまたもVARが使われたが、手に当たっていたものの、故意ではないとしてPKにならなかった。

運命を左右するゴールを挙げたのは終了間際の後半41分。崖っぷちに立たされていたアルゼンチンだった。右クロスをDFロホが、こちらも利き足と逆の右足ダイレクトでゴール右に決めて土壇場で勝ち越した。ベンチの選手も飛び出して喜びを爆発させた。

試合は2-1でアルゼンチンが勝利。もう1試合のアイスランド-クロアチアは、クロアチアが2-1で勝ち3連勝。アルゼンチンは苦しみながらも2位での決勝トーナメント進出を果たした。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

one × two =

Translate

Popular Post

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野太郎外相は5月にロシアを訪問し、第二次世界大戦からの敵対行為を正式に終結させるための和平条約交渉を救済することを望んでいる、と情報筋は述べている。 訪問が進むならば、Konoは戦争の衰退した日にソビエト軍によって押収された領土の復帰への道を開くことができる突破口に達することを期待して2月以来3回目の彼のロシアの相手であるSergei Lavrovと会うでしょう。 両国の外務大臣と防衛大臣は、5月下旬に2対2会議として知られる会議で東京で会談を行う予定です。ラヴロフはまた別の会議のために河野と会う予定です。 しかし、日本政府は、河野とラヴロフの間の追加の会談が6月に日本で予定されている首脳会談からの明白な結果を発表するために安倍晋三首相とロシアのウラジミールプーチン大統領に役立つことを決定しました。 河野首相は4月22日に東京で外務大臣の外務大臣と反対側のイゴール・モルグロフとの間で実務レベルで交渉した後、5月11日から12日までロシアを暫定的に訪問する予定だ。 安倍首相とプーチン大統領は、昨年11月に和平条約に向けた協議を加速するために会談したときに合意した。 翌月、安倍首相は平和条約交渉を監督し、実務交渉を森氏に任命するため、河野氏を指名した。 安倍首相は、日本が北方領土と呼ぶ北海道沖の4つの紛争島すべてで​​はなく、2つの島の帰還を求めることから切り替えたが、ロシアはこの問題についてより厳しい方針を採用した。 日本の外交官によると、モルグロフは森が日本に第二次世界大戦の結果として4つの島が合法的なロシアの領土になったことを認めなければならないと繰り返し言わなければならなかったと繰り返し言いました。 ロシアは日本列島の「固有の部分」であるため、ロシアがノーザンテリトリーを違法に占領してきたという長年の立場を守りながら、日本はロシアの要求を拒否した。 この問題に関する両国間の認識のあいまいなギャップがデッドロックを引き起こした。 安倍首相は当初、プーチン大統領との会談中に和ロシアが和平条約について合意し、6月に首脳会談を控えて開催されるというシナリオを策定した。 しかし、ロシアがしっかりしているので、安倍政権内の多くの当局者は、次回の安​​倍プーチン会議ではロシアとのより広範な合意はありそうもないという考えに辞任している。 それでも、政府はロシアとの「できるだけ多くの連絡先」が現時点で可能な限り最善の政策アプローチであると判断したため、Konoをモスクワに派遣することになりました。 政権はまた、7月の参議院選挙に先立ってこの問題の進展を証明したいと考えている。

Read more