<データセンター>

 ▼西武が開幕7連勝。

開幕から7連勝以上は13年巨人以来13度目で、西武では西鉄時代の54年に11連勝、91年に8連勝して以来3度目。開幕7連勝以上を3度記録したのは西武が初めて。91年は4月6~17日に8連勝し、 辻 監督は8試合とも1番二塁で出場。選手と監督の両方で開幕7連勝を経験したのは 辻 監督だけだ。開幕7連勝以上した過去12チームのうち優勝は7度だが、西武は54、91年の両方とも優勝している。

▼この7連勝はすべて先発投手の白星。

開幕戦から7試合連続で先発投手が勝利は54年南海に並ぶプロ野球タイ記録だ。「開幕戦から」の条件を外しても先発投手が7試合続けて白星は珍しく、西武では西鉄時代の65年9月30日~10月10日以来、53年ぶりになる。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

16 − nine =

Translate

Popular Post

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。...

Read more