<日本ハム0-1楽天>◇2日◇札幌ドーム

 日本ハムのドラフト1位ルーキー清宮幸太郎内野手(18)が「スター・ウォーズのテーマ」で登場し、プロ初スイングで初安打を放った。「6番指名打者」で2回2死走者なしの初打席、カウント1-1から外角高め直球を中堅フェンス直撃の二塁打とした。デビュー戦は3打数1安打で、敗戦も輝きを放った。93年5月1日、巨人松井もデビュー戦でフェンス直撃二塁打で初安打をマーク。ルーク・スカイウォーカーによる、ゴジラを超えるスター街道の第1歩が記された!?

時が、来た。2回2死走者なし。映画「スター・ウォーズ」のテーマに乗って、清宮が悠然と打席に立った。「いつも通り、平常心で打席に入ることができました」。足が震えるような緊張とは、無縁の男だ。直球、カーブと見送って、3球目。プロ初スイングでリーグを代表する右腕、楽天岸の145キロ直球を捉えた。低い弾道で伸びた打球は、中堅フェンス上部にドスンと激突。あとわずかで本塁打という、記念すべき二塁打に「うまく打てました。手応えは、まあまあでした。初心に帰る時に、このヒットを思い出せたら」。ゴールデンウイークのまっただ中、背番号21が主役になった。

開幕から34日目。1軍デビューまでの道は苦難続きだった。オープン戦の最中、限局性腹膜炎を患い、約2週間の入院を余儀なくされた。一時は手術も検討されたほどの重症で、体重は8キロも落ちた。オープン戦、2軍戦と、なかなか安打が出なかったが、1軍初打席で結果を出すのだから、さすがは高校通算111本塁打の注目ルーキーだ。

忘れられない記憶がある。04年に日本で行われたメジャー開幕シリーズ。ヤンキース対デビルレイズの2戦目、当時ヤ軍の松井秀喜を一目見ようと、東京ドームに4歳の清宮も駆けつけた。「小学校に上がる前だと思いますけど、すごく覚えています。ヤンキースの松井秀喜さんがホームランを打ったんです」。打った瞬間、右中間席に突き刺さった弾丸アーチに憧れた。

ファンの期待に応えてこそ、スター。その松井が、巨人時代にプロ初本塁打を放った「5月2日」に、くしくも初安打を記録した。清宮も「今まで聞いたことがない歓声で、うれしかった。甲子園とも神宮とも違う」と高ぶった。ただ、安打はマークしたものの、試合は敗れた。自身は3打数1安打2三振。「楽しめた。いろんなことが詰まり過ぎた1日。チャンスでまわって来ていたので打てていたらと思うと悔しい。チームを勝ちに導けるように、チームのために尽くすだけ」と反省の弁ながら、充実した表情で語った。

スターの「道」へ踏み出した第1歩。初々しくも力強い輝きは、多くの野球少年たちの心に、生涯忘れられない記憶として残ったはずだ。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

nineteen + four =

Translate

Popular Post

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。...

Read more