国学院栃木00年以来の3回戦進出、3投手必勝継投

Source: nikkansports

 

<センバツ高校野球:国学院栃木9-5延岡学園◇27日◇2回戦

 国学院栃木が2本塁打など、中盤以降の集中打で逆転。1回戦に続き、必勝パターンの3投手継投で逃げ切り、4強入りした00年以来のセンバツで3回戦に進んだ。

国学院栃木が1回表に先制した。先頭近藤が死球で出塁。けん制悪送球、三失と無安打で1点を奪った。

その裏、延岡学園が逆転。2死二塁から4番小幡の中前打で同点。続く5番工藤が左翼に大会5号本塁打を放ち、2点を勝ち越した。

18年ぶりセンバツで1回戦を3投手継投で突破した国学院栃木は2回から2番手渡辺に継投した。

延岡学園は4回1死一、三塁で9番柳川の左越え二塁打で2点を加え、5-1。

国学院栃木は5回に反撃する。1死一、二塁から1番近藤の右前打で1点。相手守備のミスで加点した2死後、4番大栗が同点の2点打。この回打者9人で4点を奪い、同点とした。

勢いづく国学院栃木は6回、先頭7番島田の3安打目が右翼への勝ち越し本塁打。さらに1死二塁から1番近藤の左前適時打でこの回2点を挙げ、7-5。その裏から3番手宮に継投した。

国学院栃木は8回に1番近藤の2ランも飛び出し、延岡学園を突き放した。3回戦で智弁和歌山と対戦する。

12年ぶり3度目の出場だった延岡学園。夏は13年に準優勝も、春は03、06年に次ぎ、初戦敗退となった。

Source :

nikkansports

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five − 5 =