RelatedPosts

 

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:ベルギー3-0パナマ>◇1次リーグG組◇日本時間19日午前0時◇フィシュト

 W杯初出場のFIFAランキング55位のパナマが、優勝候補の強豪で同ランキング3位、2大会連続13度目の出場を誇るベルギーに挑んだ。

立ち上がりはパナマの出方をうかがっていたベルギーは前半6分、右サイドを崩し、左へ展開し走り込んだ2列目のMFカラスコが右足で強烈なシュート。これを皮切りにベルギーが波状攻撃をかけ、前半20分すぎまでに5本のシュートを浴びせ、パナマは防戦一方になる。

前半は0-0で終了。ソチのフィシト・スタジアムは初出場のパナマボールになると大歓声に包まれ、ロシア大会での1つの特徴となったFIFAランキング上位チームの苦戦を予感させた。今大会は同1位ブラジルが1-1でスイスに引き分け、2位ドイツはメキシコに0-1で敗戦、4位スペインはポルトガルと1-1、5位アルゼンチンも1-1で初出場アイスランドと引き分け。同3位ベルギーとしても、攻め続けて無得点の前半はイヤな展開と言えた。

後半になるといきなり試合が動く。2分、ペナルティーエリア内でE・アザールが相手DFエスコバルと競り合った後の浮き球をMFメルテンスが右足でボレー。ボールは前半好守を見せていたGKペネドの頭上を鮮やかに越え、ゴール左隅へ決まった。

1点を追うパナマは9分、DFムリジョがGKクルトワと1対1の絶好機をつかんだが、クルトワのファインセーブでチャンスをフイにした。

先制した後のベルギーは余裕をもって試合を進めた。後半24分、ボックス内の左サイドからデブルイネが右足アウトフロントで巧みなショートクロスを上げ、ゴール前のルカクがダイビングヘッドで今大会初ゴール。2-0として、30分にもルカクがこの試合2点目を奪い3-0とリードを広げた。

ベルギーが勝ち点3を奪い、上々のスタートを切った。念願のW杯初出場を果たしたパナマの初戦は敗戦となり、残すイングランド、チュニジア戦に1次リーグ突破とW杯初勝利を懸ける。

Source :

nikkansports

Related Posts

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

13 + 6 =

Translate

Popular Post

宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」

   振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと共に記者会見を行った。宮迫さんは、田村さんが6月に吉本興業に謝罪会見を開きたいと伝えた際、吉本興業の岡本昭彦社長から「やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」などと圧力があったと主張した。 【写真】「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ」と言われたと… 会見は午後3時すぎ、東京都港区のビルの地下にあるイベントスペースで開かれた。会見は吉本興業が関わらない形で行われ、詰めかけた報道陣を前に、2人は黒のスーツ姿で登場。冒頭、深々と頭を下げた。 宮迫さんは、「何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、ご家族、親族の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と語り、再び頭を下げた。 さらに、「世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しの付かないことを、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして、不快な気持ちにさせてしまっている全ての皆様に本当におわびさせてください」とも述べた。 田村さんは「自 分の 口か らもち ゃんと謝 罪を伝え たいと 思 います。詐欺被害に遭 われた方々そ してその親族の方々、本当 に不快な 気持ちにさ せてしまい、嫌な気持...

Read more