<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:スウェーデン1-0スイス>◇決勝トーナメント1回戦◇3日◇サンクトペテルブルク

 スター選手不在を組織力で補う堅守速攻が威力を発揮してきたスウェーデンと、1次リーグ3試合で5得点と攻撃陣が好調なスイスがぶつかった。過去の対戦成績はスイスが11勝7分け10敗とわずかにリードし、直近の2試合はスウェーデンが1勝1分けとしている。スウェーデンが94年米国大会(3位)以来、スイスが自国開催だった54年以来の8強入りをかけて両者が激突した。

主力DF2人を出場停止で欠くスイスの不安をあおるように、スウェーデンは序盤にシュートが続いた。前半8分にはベリ、前半9分にはエクダルがエリア内からシュートを放ったが、枠をそれた。前半28分にはクローソンの胸での落としからベリが至近距離から左ボレーを放つが、GKが防いだ。

お手本のような4ー4ー2のゾーン守備に苦戦していたスイスは前半38分、スローインから左サイドでダイレクトでボールをつなぎ、最後はジュマイリ。強烈な一発を放ったが、枠の上に消えていった。前半はともに7本のシュートを放つも1-1で折り返した。

均衡を破ったのはスウェーデンだった。後半21分、左に展開したフォスベリが再び中央でボールをもらうと、正面からミドルシュート。これがDFの足に当たりコースが変わってゴールに飛び込んだ。

スイスは後半28分に、攻撃的な選手を2枚投入し、反撃に出た。後半34分には途中出場したエンボロがCKから頭で合わせたが、枠をとらえたボールはフォスベリにひざでブロックされた。その後も攻勢を仕掛けたが、人数を増やした守備を崩せなかった。

試合は1-0で終了。スウェーデンが94年大会以来の8強進出を決め、コロンビア-イングランドの勝者と準々決勝を戦うことになった。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four × 5 =

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more