慶応のプラカード、点足りない誤り 選手「点取り返す」

Source: asahi

 

第90回記念選抜高校野球大会の23日の開会式の入場行進で、慶応(神奈川)のプラカードの「応」の文字に誤りがあった。「心」の左端の点が取れていた。

大会本部によると、埼玉県の高校の書道部が揮毫(きごう)した文字は正確に書かれていたが、制作を依頼した業者がシール化された文字をプラカードに貼る過程でミスをしたという。慶応によると、行進前にプラカードを持つ生徒が気付いて指摘したが時間がなく修正できなかった。野球部にはOBから指摘が相次いだという。

外野手の関展里(てんり)君(2年)は「取られた『点』は自分たちで取り返せばいい」と前向きに語った。

大会本部は「関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけした」とコメントした。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four + 6 =