サッカー、異例のPK戦やり直し決定 審判がルール誤る

Source: asahi

 

日本サッカー協会は11日、6日に名古屋市で行われた天皇杯全日本サッカー選手権2回戦のJ1名古屋―奈良クラブ(奈良県代表)で、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあり、PK戦をやり直すと発表した。試合は90分を終えて1―1。延長でも決着がつかず、PK戦の末、奈良クが5―4で勝利したが、PK戦そのものを最初からやり直す異例の措置となるという。

日本協会によると、問題があったのは、奈良ク4人目のキッカーのとき。キックする際にフェイントを入れたと主審が判断し、やり直しを命じ、2度目のキックで成功してPK戦が続いた。だが、競技規則では主審がフェイントと判断した場合、選手に警告を与え、キックは失敗としなければいけなかった。失敗なら4―2で名古屋の勝利が決まるはずだった。

日本協会は、この件について、国際サッカー評議会(IFAB)に確認した上で、11日、臨時の天皇杯実行委員会を開催。PK戦を1人目からやり直すことを決めたという。試合を終えて数日後にPK戦だけをやり直すのは、世界的にみても極めて異例。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


2 × 4 =