金本監督、星野氏お別れの会で涙「強いチーム作る」

Source: nikkansports

 

阪神金本知憲監督(49)が28日、1月4日に逝去した星野仙一氏(享年70)のお別れの会(大阪市内)で弔辞を読んだ。

ユニホーム姿で参列した金本監督は、遺影を見上げると、しばらく言葉が出てこなかった。「星野さん。まず本当にタイガースに読んでいただいてありがとうございました…。こうして写真を見るだけで、涙が止まらない日が続きます。広島出身の僕を本当に強引にタイガースに呼んでいただいて、そのおかげで2003年、あの感動の優勝を味わうことができました」と、涙ぐみ、ときおり言葉につまりながらも感謝の思いを伝えた。

そして「なんとか星野さんの期待に応えられるように、私もタイガースの監督として強いチームを作っていきたいと思います」と誓いをあらたにした。

Source :

nikkansports

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


15 − 6 =