RelatedPosts

 

<女子ゴルフ:フジサンケイ・レディース>◇第2日◇21日◇静岡・川奈ホテルGC富士コース(6376ヤード、パー71)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

 上田桃子(31=かんぽ生命)が13度目の国内ツアー優勝へ王手をかけた。首位と2打差の5位からスタートし6バーディー、2ボギーとスコアを4つ伸ばし、通算8アンダー134で成田美寿々(25=オンワードホールディングス)と並び首位に浮上。地元で予選落ちした前週KKT杯バンテリン・レディースの雪辱を優勝で果たす。

上田の名前が、リーダーボードを一気に駆け上がった。強風で思うようにスコアが伸ばせない選手が多い中で6バーディー、2ボギー。15番パー4でバーディーを奪うと、一時は9アンダーで単独首位に立った。「すごくこの2日間は集中力が保てている」と気持ちを強調した。

前週のKKT杯バンテリン・レディースは、地元熊本開催だったが1打差で予選落ち。ショックで3日間、実家にこもり親とも会話しなかったという。

そこでマスターズを何度も録画で見て、自分と一流プレーヤーとの差を考えた。「強い選手に共通しているのは、自分で決断したら迷いなく打つということ」と自分の考えすぎを反省。この日のプレーについて「今日は自分も決断できたと思う」と晴れやかな表情で話した。再び海外でプレーできる力を身に付けるために、上田は今季初勝利、国内通算13勝目を目指す。

Source :

nikkansports

Related Posts

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

15 + one =

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more