RelatedPosts

 

<ツインズ4-2マリナーズ>◇5日(日本時間6日)◇ターゲットフィールド

 マリナーズのイチロー外野手(44)が、「8番左翼」でスタメン出場し、4打数1安打だった。

2回表無死走者なしで迎えた第1打席に、三遊間を破る左前打を放った。

3回表2死一、二塁の得点機で迎えた第2打席は、一ゴロ。

6回表無死走者なしの第3打席は、二飛。

8回表1死走者なしの第4打席は、相手の好守に阻まれて二ゴロ。

試合は、マリナーズが初回に2点を先制したものの、追加点が奪えず、中盤以降に逆転されて敗れた。

午後3時16分の試合開始時の気温が約3度。試合後のイチローは「寒かったですよ」と話し、キャンプ中に痛めた右ふくらはぎへの影響については「どうかなと思っていましたけど、今のところ何もないです」と振り返った。

Source :

nikkansports

Related Posts

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

one + 2 =

Translate

Popular Post

‘Arthdal Chronicles’、韓国人ネットの後に日本の女優について確認

  ドラマ「Arthdal Chronicles」はいくつかのカメオの登場を確認した。 JisooとNichkhunの後、今では日本の女優Karata Erikaの番です。 韓国のネチズンたちはこのニュースに不利だ。 TVNドラマ「Arthdal​​ Chronicles」は今日最も人気のあるドラマの一つです。韓国の視聴者から批判されているにもかかわらず、ドラマは首尾よく最初の2エピソードで最高の評価を獲得し、そして多くの人々の間での会話となった。 このドラマは、珍しい話をすること以外に、チャンドンゴン、ソン・ジュンギ、キム・ジウォンなどのトップアクターによって演じられています。いくつかのカメラさえこのクールなドラマに登場することが確認されています。 以前は、このドラマのカメオにやってくるJisoo Black Pinkと2PM Nichkhunがいました。今ではドラマ「Arthdal​​ Chronicles」と韓国でのプロモーションに参加することが確認された日本の女優Karata Erikaの番です。 Karata Erikaの加盟は韓国のネチズンたちには歓迎されていないようです。 Korean Netterは、「Arthdal​​ Chronicles」というドラマは外国の有名人によってあまりにも多く演奏されたとコメントしています。...

Read more