福田前次官、減給処分へ 財務省、セクハラあったと判断

Source: asahi

 

女性記者にセクハラ発言を繰り返したと報じられて辞任した財務省の福田淳一・前事務次官について、財務省は27日、減給20%、6カ月の処分相当とする方針を固めた。処分に基づき、約5300万円に上る退職金から差し引く。福田氏はセクハラを否定しているが、財務省はセクハラ行為があったと判断。行政への信頼を失墜させた責任も重くみて処分に踏み切る。

同日午後にも発表する。麻生太郎財務相は27日午前の閣議後会見で、処分の理由について「(福田氏と被害者の女性の)2人が面会した事実までは福田(前)次官も認めた」と指摘。「(国会)審議が止まるとか、財務省の信頼を落としたとか、その点に関して処分をさせて頂く」と説明した。テレビ朝日は4月4日に女性社員が福田氏と面会した際にセクハラを受けたとしており、財務省は福田氏から明確な反証が示されていないことも考慮し、セクハラがあったと判断した。

福田氏の退職金の扱いについて麻生氏は「ルールに基づいてやる」と述べた。国家公務員法は、行政への信用を失墜させる行為を懲戒処分の対象としている。今後の調査で懲戒処分相当と判断された場合、福田氏は退職金が減額されることを了解済みだった。

福田氏は24日に正式に辞任したが、セクハラ自体は否定しており、財務省はこの時点での処分を見送っていた。同省はテレビ朝日に調査への協力を呼びかけ、福田氏への調査も続ける姿勢を示していた。

発端となった12日発売の週刊新潮によると、福田氏は女性社員に対し、飲食店で「胸触っていい?」などとセクハラ発言を繰り返したとされている。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


two + 15 =