首相「志変わらず最終判断」 地元・山口で総裁選出馬に意欲

Photo: nyt.com

 

安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、地元・山口県入りした。山口市内で開いた党県連会合で、9月の党総裁選について「6年前、総裁選に出たときのあの志がみじんも変わるところがない。志を支える気力、体力が十分であるかを自らに問いながら最終判断していきたい」と述べ、出馬に意欲を示した。

総裁選を巡っては、石破茂元幹事長が10日、正式に出馬を表明。3選をめざす首相と石破氏の一騎打ちとなる公算が大きい。2015年9月は首相が無投票再選したため、6年ぶりの選挙戦となる。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


two × 4 =