高梨沙羅が歴代単独最多の54勝目 ジャンプ女子W杯

Source: sankei.com

 

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は24日、ドイツのオーベルストドルフで個人第14戦(HS106メートル)があり、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が1回目100・5メートル、2回目96・5メートルの合計227・1点で今季初勝利を挙げ、男女を通じてW杯ジャンプ歴代単独最多となる54勝目を挙げた。通算104試合目での達成で、勝率は5割1分9厘。

これまで男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)と並んでいたが、高梨は昨季最終戦から14戦連続で優勝を逃していた。

ジャンプW杯個人戦通算勝利数

【女子】

1位 高梨沙羅(日本)            54勝

2位 ルンビ(ノルウェー)          13勝

2位 ヘンドリクソン(米)          13勝

2位 イラシュコ(オーストリア)       13勝

【男子】

1位 シュリーレンツァウアー(オーストリア) 53勝

2位 ニッカネン(フィンランド)       46勝

3位 マリシュ(ポーランド)         39勝

24日現在

高梨沙羅のW杯成績

シーズン 出場数 勝利数 個人総合

2011~12年 9戦  1勝  3位

12~13  16   8勝  1

13~14  18   15勝  1

14~15  13   6勝  2

15~16  17   14勝  1

16~17  17   9勝  1

17~18  14   1勝  ?

合計 104戦 54勝

24日現在

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five × 4 =