明秀学園日立が春夏通じて甲子園初勝利、9回に逆転

Source: biglobe.ne.jp

 

<センバツ高校野球:明秀学園日立4-3瀬戸内>◇23日◇1回戦

 粘りの明秀学園日立が土壇場の逆転劇で悲願の春1勝を挙げた。

1点を追う9回、連打で無死一、三塁とすると1番増田が右前打を放ち3-3の同点。さらにバントで送った1死二、三塁で3番池田の中犠飛で勝ち越した。

センバツ初出場、明秀学園日立の春夏通じ初の甲子園白星。光星学院(青森)を率いて春夏各4回甲子園出場していた金沢監督にとっても春1勝目だった。

27年ぶり3度目の出場、瀬戸内が先手を取った。1回裏、2死無走者から3番東大翔が右前打。2四球で満塁とすると6番大本が四球を選び、押し出しで1点を先制した。

明秀学園日立は準優勝の昨秋関東大会では1回戦から3戦連続での逆転勝利で決勝に進出した粘りが持ち味。3回表、2番北野の三塁打、4番芳賀の二塁打と長打2本で同点に追いついた。

3回裏、瀬戸内は「足」で勝ち越す。2死一、三塁で7番東大暉の打席。スタートを切った一塁走者が一、二塁間で挟まれる間に三塁走者・東大翔が生還する。続く4回は2死二塁から2番新保の左中間二塁打し、3-1とした。

5回に明秀学園日立は相手バッテリーミスなどで1点を返し、1点差で9回を迎えていた。

Source :

nikkansports

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


six + 17 =