IOC会長「北朝鮮が東京・北京五輪に参加の意向 」

Source: asahi.co.jp

 

北朝鮮でキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と会談したIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は、北朝鮮側が再来年の東京オリンピックや4年後の北京オリンピックに参加する意向を示したと明らかにしました。

北朝鮮を訪問していたIOCのバッハ会長は、30日、ピョンヤンでキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長と会談し、一連の日程を終えて31日、中国・北京の空港に到着しました。

バッハ会長は空港で報道陣の取材に応じ、滞在中、北朝鮮のオリンピック委員会が再来年の東京大会と4年後の北京大会に参加する意向を示し、これについてキム委員長が「全面的に支持する」と述べたということです。

また、バッハ会長は、両大会での韓国と北朝鮮による合同の入場行進やチームの結成について問われると、「適切な時期が来れば、IOCとして、その可能性についても提案するだろう」と述べました。

31日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は1面に会談の写真を掲載し、キム委員長が「凍りついていた南北関係がオリンピックを契機に劇的に雪どけしたのは、全面的にIOCのおかげだ」と感謝の意を示し、「IOCとの協力関係が引き続き発展することを願う」と述べたと伝えました。

北朝鮮としては、IOCとの関係強化を図るとともに、東京や北京でのオリンピックに参加する意向を示すことで、国際社会との融和的な姿勢を印象づける狙いがあると見られます。

Source :

nhk

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


nineteen − eight =