上野動物園、入園者6年ぶり400万人超 パンダ効果

Source: kids.sandiegozoo.org

 

ジャイアントパンダの子供シャンシャン人気に沸く上野動物園(東京都台東区)の2017年度の入園者数が、6年ぶりに400万人を超えたことが24日、分かった。400万人超えはシャンシャンの父リーリーと母シンシンの2頭の一般公開が始まった11年度(471万人)以来。抜群の「パンダ効果」を改めて裏付けた。

上野動物園によると、今月20日時点の入園者数は418万535人で、16年度実績(384万人)を9%上回る。昨年6月に生まれたシャンシャンの一般公開が同12月に始まり、集客を後押しした。

月別に見ても、通常なら閑散期の今年2月に40万7千人が来園している。2月の40万人超えは、上野生まれの子パンダ、トントンの公開が始まった直後の1987年以来、31年ぶり。当初は希望者による抽選だったシャンシャンの公開方式を、2月から先着順に変更したことも影響したとみられる。

シャンシャンの一般公開と同時に始めたインターネットによるパンダ舎のライブ映像配信は、アクセス数が2千万回を超え好評。公開時間も成長に伴い少しずつ長くした。同園の担当者は「パンダのストレスを抑えつつ、多くの人に愛らしい姿を見てもらえるよう、今後も知恵を絞りたい」と話している。

日本動物園水族館協会によると、上野動物園の16年度入園者数は全国の動物園で最も多かった。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


three × 3 =