右横手から140キロ台 選抜高校野球、注目の投手は

Source: asahi

 

球のキレやスタミナに加え、勝負強さを持つのが明徳義塾の市川だ。右横手からの打ちづらい球は140キロ台を計測。昨秋は公式戦全10試合を完投し、明治神宮大会で優勝した。今大会へ向けても、「分析されていると思うので打者の様子を見て投げたい」と落ち着いている。

大阪桐蔭の柿木も安定感がある。最速147キロの直球だけでなく、精神面が強く昨秋の防御率は0点台。投打で注目を浴びるチームメートの根尾も好調だ。最速は148キロで、甲子園練習でも伸びのある球を披露した。星稜の奥川は三振が取れる。140キロ台半ばの直球とスライダーは一冬越えてキレが増し、今大会でブレークしそうな右腕だ。

東海大相模の斎藤はケガで関東大会は欠場したが、神奈川県大会は7試合で1点も取られなかった。松山聖陵の土居は長身からの力強い球が魅力。乙訓(おとくに)の川畑は細身だが、球のキレで勝負する好右腕。花巻東の2年生右腕の西舘は菊池雄星(西武)、大谷翔平(エンゼルス)が下級生時代につけた背番号17を背負う。由利工の佐藤亜は制球力と球威を併せ持つ。創成館の左腕川原は、力強いフォームから放つ直球が武器だ。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 + eleven =