ドル上昇、米朝会談への楽観で買い先行-対円で約3週間ぶり高値

photo : bloomberg

 

東京外国為替市場ではドル・円相場が約3週間ぶりの水準へ上昇。米朝首脳会談に対する楽観やこの日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にドル買いが先行した。

日本時間12日午後5時2分現在のドル・円は前日比0.3%高の1ドル=110円33銭。前日のドル高の流れを引き継ぎ、午前9時過ぎに一時110円49銭と5月23日以来の水準まで上昇。110円13銭まで伸び悩んだ後は、110円台前半で米朝首脳会談をにらみながらの展開となった。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は歴史的な首脳会談の後、合意文書に署名。この後、トランプ大統領が会見で合意内容を説明する。

三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストは、米朝首脳会談について、極端なリスクオフにはなりにくく、無難に消化できる可能性が高いと予想。FOMCも「変にハト派になった場合は109円台もあるが、その可能性は低い」とし、ドル・円は「徐々に上値を試す展開になってくる」と話した。

トランプ米大統領と金委員長は12日午後、北朝鮮政府が「朝鮮半島の完全な非核化」と「恒久的かつ安定した平和」に取り組むとした合意文書に署名した。その代わりトランプ大統領は金委員長に「安全保障」を提供することを約束した。具体的な内容は盛り込まれていない。

2日間の日程で行われるFOMCの会合では利上げが広く予想されており、今後の利上げペースが焦点となっている。12日に発表される5月の米消費者物価指数(CPI)はガソリン価格の上昇に支えられ、前年同月比で2.8%上昇と4月の同2.5%から伸びが加速すると見込まれている。

上田ハーローの小野直人ストラテジストはリポートで、CPIの結果がFOMCへの期待を強めればドル買い、逆に期待感を後退させればドル売りと素直に反応しそうとしながらも、「追加上げが実施されることがほぼ確実なため、ドル売りへの反応は控えめになるだろう」と予想した。

Source :

bloomberg

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 × 5 =