認知症は日本の高齢者の金融資産を危険にさらす

Image: REUTERS/Toru Hanai

 

大久保由美子さん(71)は、食べ物を温める方法を忘れていました。

“電子レンジとは何ですか?”彼女は彼女の夫、Eiichiに尋ねた。

ユミコは認知症の初期段階にあり、ボキャブラリーに苦しんでいて、25年間働いてきた着物の授業を教えることができませんでした。

毎日の仕事の難しさは、彼女と2008年以来彼女を世話している栄一にとって、人生を挑戦しました。

しかし、彼女は財政に対処することもできません。これは、高齢化する日本では専門家がますます一般的になり、リスク資産には数兆円の資産を抱えているという状況です。

京都のソーシャルワーカー、片林梨香さんは、自分がやっていることや理由をはっきりと把握せずに、痴呆患者が大金を払うケースが多いことを知っています。

一例として、90歳の女性が孫の要請で2000万円の貯蓄を撤回したという。

「彼女は9か10を撤回したと言っていたが、彼女が何回も紙幣を話していたことを理解するのにはしばらくかかった。ロールは通常、10000円のノートです。 「それは明らかに虐待の一例だった」

認知症は、500万人以上の日本人が診断されています。政府は、2030年までに全人口の7〜8%、すなわち6〜7%に増加すると予測している。

OECDは、2037年までに日本の人口の3.8%に認知症が影響を及ぼし、35カ国のOECD諸国の中で最も高く、グループの予測平均2.3%をはるかに下回っていると見積もっている。

第一ライフ研究の見積もりによると、痴呆のある日本人は、現在の143兆円に比べて、2030年までに約215兆円(2兆ドル)の金融資産を保有する。

京都府立医科大学の精神科教授である鳴門氏は、多くの企業が現在、認知症の人とビジネスを行う上でリスクに直面していることを明らかにした。

ナルトと他の3人の研究者による調査では、認知症患者と家族の約30%がこの状態のため財政的損失を経験していることが分かった。

銀行関係者は、現金預け払い機を使用できないか、同じ質問を何度も繰り返し聞いている痴呆患者に定期的に出向いていると話している。いくつかの人は奇妙に行動し、窃盗を告訴したり、暴力になったりします。

認知症は年齢と密接に関連しており、2030年には日本の人口の約31%が65歳以上になると予測されています。国の平均余命は84年であり、世界で最も高いので、認知症の問題は激化するだろう。

痴呆は、アルツハイマー病が約3分の2を占めるいくつかの疾患によって引き起こされる。これは、記憶の低下と日常生活を妨害するほど深刻な思考として広く定義された症状の範囲をカバーしています。

患者は、近親者を含む場所や人々を数えたり、時間を告知したり、認識したりする能力を次第に失います。状態の進行を遅らせる薬があるにもかかわらず、既知の治癒はありません。

銀行が痴呆症を扱う顧客が増えるにつれて、ノムラや三井住友信託銀行などの多くのスタッフが、相互作用を安全かつ公正に処理する方法をスタッフに教えています。

慶應義塾大学神経心理学教授の三村勝氏は、「過去には、窓口スタッフが各場面を臨時に扱ってきたが、医学的背景を持つ人々と一緒に座って認知症を学ぶことが重要だ」と語った。

東京では、信用金庫協同組合の5つの協同組合が、地方自治体と緊密に連携して、認知症の人々に低コストの金融ガーディアンサービスを提供するために、信用生命保険サポートと共同で非営利団体を設立しました。

ガーディアンは地元の裁判所によって任命され、顧客が専門的に財務を管理するのを手助けします。顧客の代わりに行動し、必要に応じて契約や購入を取り消すこともできます。

おそらく最も重要なのは、家族が病気に対処する方法を学び、社会福祉サービスにそれらを紹介することです。

しかし、そのようなシステムは悪用されがちです。 2010年から2015年にかけて、約3,000件の不正使用が報告され、保護者から210億円が盗難された。多くの専門家は、見落としはほとんどないと言う。

それに対処するため、Shinkin Supportでは各顧客に2名の保護者を割り当てています。また、銀行と同じように、定期的な職員監査を実施しています。

「2人の人を割り当てているので、私たちのコストは他の人の2倍ですが、それは私達が支払う必要があると思っています」と、信心院長サポートの理事、 「これをコミュニティサービスと考える。

他のいくつかの銀行は、横領を防止するために、保護者が日常使用のために限られたアクセスしかできないような製品を提供している。

他の組織は、技術が解決策を提供することを望む。

簿記や財務管理サービスを提供するFintechの会社であるMoney Forwardは、疑わしい取引のためのアプリベースの警告システムを開発しています。

もしかするとめったにお金を払わない人がATMに突然1日に7回行くと、そのメモリが損なわれる可能性がある。このアプリはその人の家族に警告することができる、と同社の取締役であるToshio Taki氏は語る。

オクボスにとっては、このような援助は日常生活のストレスを軽減し、カップルが残っている正常性に焦点を当てるのを助けるでしょう」彼女は自分自身で財布を使い終わった後も、 大久保栄一氏は、2012年と2014年に約500キロのハイキングを思い起こさせた。「今日の私の友人たちはすべて、由美子の認知症の後に知り合った人々だから、私は自分自身に負けていると感じている

Source :

Japan Today

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 × 4 =