自然災害による7〜9月期の日本の設備投資の減速

Image: japantimes

 

政府のデータによると、7〜9月期の企業の設備投資は、経済活動に重大な影響を与えた一連の自然災害の影響を受けて減速した。

工場建設や機器・ソフトウェアの追加などの非金融部門への投資は、11.28兆円と前年同期比4.5%増の12.8%増となった。

しかし、財務省が発表したデータによると、化学・半導体企業の生産能力増強や商業施設開発プロジェクトへの投資の増加により、企業は8期連続の設備投資を行った。

四半期の四半期では、ソフトウェアを除く設備投資は4.0%減少した。これは5四半期で初めての減少であった。

SMBC日興証券のチーフ・マーケット・エコノミスト、丸山義正氏は、「自然災害と貿易緊張の高まりに伴う不確実性は、資本支出の弱さに寄与した可能性がある」と述べた。

「継続的な労働力不足と企業の野心的な投資計画を考慮すれば、資本支出は増加を続けるだろうが、そのペースは中程度だ」

このデータは、内閣府が12月10日に発表する予定の2018年第3四半期の国内総生産(GDP)の修正に反映される。

予備GDPデータでは、第3四半期の世界経済は、大阪の主要空港を一時的に閉鎖し、北海道の大規模な停電を引き起こした地震が流通経路を乱し消費を激減させた強力な台風として、

丸山氏は、GDPを年率換算で3.2%縮小すると予想していると述べた。

税務調査の対象となった企業の税引前利益は、前年比2.2%増の18兆2800億円、売上高は6.0%増の358.88兆円となり、7月から9月にかけて企業収益は堅調に推移した。

生産機械の製造業者は最大の受賞者の1つでしたが、小売業およびサービス業は災害により収益が低下しました。

同省によると、32,020社が1000万円以上で、うち23,409人(73.1%)が回答した。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


three × four =