日本は「もっと謙虚な」態度を育てるべきだ:韓国の月

Image: Aljazeera

 

韓国のムーンジェイン大統領は、日本が過去に向けて「より謙虚な」態度をとるべきだと述べ、東京が第二次世界大戦中に日本企業によって強制された韓国企業の問題を​​「政治化」することによって二国間関係を傷つけないよう警告した。

両国間の関係は歴史と領土をめぐる紛争によって長い間緊張してきました。問題は朝鮮半島に対する日本の残忍な1910 – 45年の植民地支配からきています。

「日本政府はもっと謙虚な態度をとるべきだと思うが……日本の政治家たちがこの問題を政治化している」とムーン氏は木曜日の記者会見で述べた。

第二次世界大戦中、いわゆる「慰安婦」が日本軍に性的奴隷制に追いやられ、労働者たちが日本企業に就職させたことも、現在の議論の大部分を占めており、領土問題もソウルの支配下にある。

10月、韓国の最高裁判所は、日本の製鋼会社新日鉄と住友金属が4人の元労働者を補償するべきだと判決した。日本はその後、韓国の軍艦がレーダーを日本の巡視機に封鎖したと主張した。

水曜日に、韓国の裁判所が日本の国内資産の一部の差し押さえを承認した後、東京はソウルとの外交協議を要求しました。そして、その動きを「非常に残念」と呼びました。

ソウルの公式データによると、慰安婦のデータによると、約78万人の朝鮮人が35年間の職業中に日本から強制労働に加入していた。

日本は、両国間の歴史的報酬問題はすべて、両者の間の外交関係を再確立した1965年条約の下で解決されたと主張する。

この条約の下では、元植民地に約800百万ドルの助成金と安い貸付金が補償金として提供された。

東京は、裁判所の決定は条約および国際法の違反であると主張しています。

ムーン氏は、1965年の条約は犠牲者の問題をすべて解決したわけではなく、「政府によってではなく不幸な歴史によって」作成され、「裁判所の判決を尊重すべきだ」と述べたと述べた。

北朝鮮関係

一方、ムン氏は記者団に対し、金正日氏がソウルを訪問したこと、ならびに北朝鮮の指導者と米大統領ドナルド・トランプとの間の第2回サミットは「差し迫っている」と述べた。

昨年6月のシンガポールでの最初の会合で、金とトランプは「朝鮮半島の非核化」に向けて取り組むことを約束している曖昧な言葉で書かれた文書に署名した。しかし、その後、双方の合意の解釈について議論しながら、進展は止まっています。

ムーンは、シンガポールの合意は「やや曖昧」であり、金の非核化誓約については「懐疑論」があると認めた。

しかし、金氏は彼と他の指導者たちに、彼の非核化の見解は「国際社会の要求と全く変わらない」と確信しており、平壌はそれを南部や近隣の米軍の存在と結びつけないだろうと述べた。

平壌は制裁措置を解除するために「大胆で非核化のための実践的措置」をとる必要があるが、「平和体制」に合意し、正式に1950年の終結を宣言するなど、「対応措置」もワシントンから必要であると付け加えた。 -1953朝鮮戦争。

中国のXi Jinping大統領は、北京での式典で北朝鮮の指導者Kim Jong-unを歓迎する[Reuters via via Yingwen / Xinhua]

金氏は水曜日、北朝鮮の重要な外交同盟国である中国への旅行を締めくくった。その間、中国のXi Jinping大統領はトランプとの可能な首脳会談に対する支持を表明した。

ソウルでの記者会見で、「金正恩会長の訪中は、第2回日米首脳会談の成功に非常に良い影響を与えるだろう」と述べた。

キムとムーンは昨年3回会って、一連の親善的な仕草をし、そして可能ならば経済協力を再開することを誓いました。

両国はまた、Panmunjomの国境の村から地雷や小火器を取り除き、最前線の警備所を破壊し、陸地と海の境界に沿った緩衝地帯や飛行禁止区域を作るなど、従来の軍事的脅威を軽減するための措置を講じました。 国境の上。

韓国大統領によると、金氏は先月末、月への手紙で、2019年にソウルを訪れる意欲を表明した。

Source :

Aljazeera

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


9 − one =