日本の雑誌が女子大生の「セックスリスト」をお詫び申し上げます。

Image: AFP

 

日本のタブロイド誌が火曜日(1月8日)に、女子学生を飲み会でセックスさせるのがいかに簡単かを説得する記事について謝罪した。

このリストは、週刊誌「Spa!」の12月25日号に掲載されました。そして、特にオンラインで1人の女性が問題の問題の謝罪と販売の停止を求めるキャンペーンを開始した場合には、怒りを促した。

change.orgプラットフォームへの彼女の請願は、「女性のセクシュアライゼーション、客観化、および軽蔑」の記事を非難し、火曜日までに28,000人以上の人々から支持を集めました。

「センセーショナルな言葉を使って、女性とどのように親密になることができるかについて読者にアピールすること、そして本当の大学名でランキングを作成することをお詫び申し上げます。雑誌の編集部はAFPによって得られた声明の中で述べた。

この記事は、雑誌で「ギャラノミ」と呼ばれる習慣、あるいは男性の参加者が女性にお金を払って出席することについて書いたものです。

それはパーティーが女性の大学生の間で人気があると言いました、そして、男性と女性が潜在的な出席者を見つけるのを助けることを意図したアプリの開発者にインタビューしました。

同雑誌は、そのリストは開発者とのインタビューからの情報に基づいていると述べた。

「性を含む問題については、私たちは雑誌としてさまざまな意見を聞くために私たちができることをするつもりです」と声明は言った。

問題となっている問題が棚から取り除かれるという兆候はありませんでした。

日本はG7諸国の中で政治やビジネスにおける女性の代表で最下位にランクされており、#MeToo運動のようなキャンペーンは国内で離陸するのに苦労しています。

昨年、大手医科大学は、学生の体の中の女性の数を約30パーセントに保つために、女性の応募者のスコアを定期的に下げたことを認めました。

この発見により、他のいくつかの機関でも同様の差別が発見されました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


two × five =