日本の出発税が開始されました

Image: NHK

日本は1月7日から、日本と日本を去る外国人のための出発税を始めました。

日本政府は、航空または海上で出国する人々に1,000円、または約9ドルの新税を課します。 27年前に地価税が導入されて以来、これは日本によって最初に導入された新しい国税です。

旅行者はチケットを購入するときに税金を払うことになっています。ただし、24時間以内に日本を離れる2歳未満の幼児は、課税の対象から除外されます。

政府は、3月までの今年度の最後の3か月間に、新税からの収入が約5500万ドル、2019年度以降には年間約4億6000万ドルになると推定しています。

政府は、収入を使って2020年までに年間の外国人観光客数を現在の3000万人から4000万人に増やす計画だと語った。

今年、政府は入国手続きをスピードアップするために空港に顔認識システムを導入することを計画しています。また、国立公園や日本の文化資産への外国人観光客のための多言語説明を改善する予定です。

Source :

NHK

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


twelve + ten =