地震は南西日本をガラガラと鳴らし、被害は報告されていない

Image: AP

 

木曜日に日本の南西部で地震が発生しましたが、被害の即時報告はなく、1時間以内に津波監視が解除されました。

気象庁によると、この地震の震度は予備的なマグニチュード5.0で、本州南西部の福岡、長崎、熊本の各地域をガラガラと鳴らしていました。

政府のスポークスマン、須賀義英氏は、緊急チームが被害を確認するために設立されたと述べた。震災から2時間後の2回目の記者会見で、彼は死亡や怪我は報告されておらず、消防士のための緊急連絡やその他の救助は行われていないと述べた。

この地域の2つの原子力発電所は定期的に稼働していることが確認され、一時停止していた熊本空港は2時間後に復旧し、新幹線の運行は中止されたが再開の準備ができている。地震の後は、線路や滑走路の安全性が確認されます。

Suga氏によると、電力、水道、携帯電話サービスも機能していたという。

全国放送局NHK TVは、落ち着いた状態で、揺れ、土砂崩れ、棚から落ちるもの、および余震などの危険に注意を払うよう人々に警告しました。

テレビのニュース映像によると、建物内の信号機やその他の灯り、街の通りを歩いている歩行者はいつものように歩いていました。

日本は世界で最も地震と津波が発生しやすい地域の1つです。

2016年に九州は一連の地震に見舞われ、家屋が壊され、道路が曲がり、その地域の城が損傷し、9人が死亡、800人以上が負傷しました。何千人もの人々が避難しました。

2011年、福島の北東部地域は、チェルノブイリ以来最悪の原子力災害である地震、津波、そして核の崩壊に見舞われました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


thirteen − 4 =