LGBTのコメントに対する日本の議員の発砲

Image: Washingtonpost

 

誰もがLGBTになれば「国は崩壊するだろう」という彼のコメントに対して日本の立法者は批判を集めている。

金曜日には、与党自民党のベテラン議員、平沢克栄氏の発言が放送された。憤慨はソーシャルメディアに現れています。

平沢氏は木曜日、山梨県の山梨県の住民に対して、「LGBTを批判することは問題を引き起こすだろうが、みんながそのようになれば崩壊する」と語った。

また、同性婚を認めるための東京の渋谷区やその他の地域での動きを理解していないとも述べた。同性婚は日本国内では認められていません。

平沢は、多くの日本の政治家と同様に、出産率が低いことを嘆いていた。これは、子育ての欠如や働く女性への援助が原因であるとされている。

昨年、別の与党議員、杉田美緒氏は、同性カップルが「生産的」ではなかったため、政府がLGBTの権利に税金を使うべきではないと述べた後に発砲した。与党本部の外での抗議に参加する。

Source :

The Republik

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


20 + nine =