鈴木&丸弾!広島先勝で2勝、巨人阿部は負傷交代

Photo : AU one

 

<セCSファイナルステージ:広島6−1巨人>◇第1戦◇17日◇マツダスタジアム

3年連続リーグ優勝の広島がクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージの初戦を制しアドバンテージの1勝を含めて通算2勝0敗、日本シリーズ進出へあと2勝とした。

巨人は1回に1番坂本が中前安打で出塁も、2番田中が併殺打に倒れて先取点を奪えなかった。広島は初回から“タナキクマル”で先制点を奪った。まずは1番田中がフルカウントから四球で出塁。田中は2球目にスタートを切り、2番菊地が中前安打を放ち、一塁走者の田中は三塁まで進塁。エンドランを成功させた。3番丸の二ゴロの間に三塁走者が生還し、3人で先取点をもたらした。巨人は今回のCSで初めて追う展開になった。

1点を追う巨人は直後の2回にアクシデント発生。5番阿部が左膝近辺に自打球をあてて、トレーナーらとベンチ裏に下がって手当を受けたが、そのまま途中交代となった。3回に巨人は2死一、二塁で田中がライナー性の当たりを放つも丸の正面の中飛で追い付けられず。この日、初めて得点圏に走者を進めたが、チャンスをものにできなった。

広島打線が4回、牙をむいた。先頭の丸が中前打で出塁すると4番鈴木が甘く入ったカーブを左翼席へ2ランを放った。鈴木は昨年はシーズン中の右足骨折のためCSを欠場し、4番として初めて戦うポストシーズン初陣で役割を果たした。さらに会沢の適時二塁打で4点目を奪った。巨人先発のメルセデスは4回途中4失点で降板となった。

巨人は6回1死一、二塁でマギーが適時左前打を放った。その後、2死満塁としたが、長野が二飛に倒れて1点止まり。広島は7回から継投策に入った。

広島は7回に丸がソロ本塁打を放って、リードを4点に広げた。8回にフランスア、9回に中崎が締めくくり、白星発進とした。

勝ち投手は広島大瀬良1勝。負け投手は巨人メルセデスで1敗。第2戦の予告先発は広島ジョンソン、巨人田口。

Source :

goo.ne

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


thirteen + 1 =