ブラジル元大統領、出頭命令を無視

Source: nikkei

 

【サンパウロ】ブラジルのルラ元大統領は6日、裁判所からの出頭命令を拒否した。6日午後5時(日本時間7日午前5時)までの出頭を命じられたものの、サンパウロ州の労働組合の建物に立てこもり、抗戦する姿勢を見せている。建物の周辺には支持者が集まっており、今後、当局が身柄拘束に踏み切るか注目が集まっている。

2003年から2期8年にわたり大統領を務め、経済成長や格差是正を実現したルラ氏だが、在任中に国営石油会社ペトロブラスからの発注を見返りに建設会社OASから高級住宅を賄賂として受け取った容疑で一審、二審とも有罪判決が出ている。

ペトロブラスを巡る政界汚職では与野党問わず多くの議員が逮捕されているが、ルラ政権時に与党だった労働党(PT)からはルラ氏だけでなくルセフ前大統領や複数の主要閣僚が起訴されるなど関与度が高い。検察はルラ氏をマネーロンダリングへの関与など複数の容疑で捜査していた。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 × 2 =