ZTE、中国でのスマホ販売が事実上停止

Source: nikkei

 

【深圳】中国大手通信機器の中興通訊(ZTE)は8日までに、中国でのスマートフォン(スマホ)の販売が事実上、停止に追い込まれたもようだ。4月に米商務省から受けた制裁で、米企業からの部品供給が止まったため。広東省深圳市の本社内の直営店で全商品を撤去したほか、自社のネット販売も停止した。米制裁から3週間、ZTEのスマホ販売は困難な状況になった。

ZTEは中国を代表する大手国有上場企業で、スマホの世界シェアは9位。米国や日本にも取引企業は多く、販売や生産の停止が長引けば、世界のサプライチェーンへの影響は大きくなる。

中国で人気のアリババ集団が運営する通販サイト「Tモール(天猫)」でも8日までに、ZTEのスマホの購入ができなくなった。ZTEから商品を仕入れ、通信会社(キャリア)が運営する街のスマホ販売店は依然として販売を続けている。だが「在庫はほぼない」(関係者)状況で無くなり次第、販売は停止に追い込まれる見込みだ。

経営の混乱を受けてZTEは8日、11日に予定していた株主総会を6月末までの開催に延期すると発表した。

ZTEへの制裁は、米商務省が4月16日に米企業に対し、下したもの。ZTEがイランや北朝鮮に対し、違法に通信機器を輸出していたことなどが理由で、ZTEとの今後7年間の取引禁止を決めた。それにより、ZTEはスマホが作れない状態になった。

8日、深圳市の本社前で、ZTEの20歳代の男性社員が日本経済新聞の取材に応じ、「米制裁は不公平な決定だ。工場は止まっており、従業員は製品を作れないので技術トレーニングをして時間を過ごすしかない」と語った。

ZTEのスマホは昨年、中国市場で第9位、米国では4位となるなど、有力メーカーだ。米中摩擦が激しくなる中、制裁により、大手有名企業で実際に分かる形で影響が出る初めてのケースとなる。在庫次第では今後、中国だけでなく、主力の米国でもスマホ販売ができなくなる可能性がある。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


16 − thirteen =