米テキサス州の高校で銃乱射、10人死亡 爆弾も用意した容疑者の生徒を拘束

Source: newsweekjapan

 

米南部テキサス州サンタフェの高校で18日午前、銃撃事件が発生し、10人が死亡した。死者の多くは生徒という。

警察は容疑者の17歳の生徒を拘束した。

同州のアボット知事によると、容疑者は午前8時前に美術の教室に入り、散弾銃と38口径リボルバーを発砲。犯行に使われた銃器はいずれも父親のものという。

同容疑者のほか、2人が拘束された。

校内からは爆発物も見つかった。

トランプ米大統領はホワイトハウスで「生徒の保護と学校の安全を確保し、周囲の脅威となる者から武器を遠ざけるために全力を尽くす」と述べた。

サンタフェは同州最大都市ヒューストンから南東約48キロに位置する。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


7 − 4 =