日本サッカーを変える存在!? J1に君臨する「有名外国籍スター5人衆」に海外注目

Photo : football-zone

 

J1得点ランクトップのジョー、イバルボ、ポドルスキとビッグネームがズラリ

元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)の加入で、Jリーグは例年以上に盛り上がりを見せている。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「J1リーグで有名な5人のスター」と題し、日本のトップリーグで活躍する外国籍選手を紹介している。

J1はアジアサッカー界で最も成功しているリーグの一つに挙げられるが、近年は外国籍のスーパースターが不在だった。しかし、その状況は改善されつつあると海外メディアにも認識されているようだ。記事では、5人の選手に言及している。

最初に登場したのは、名古屋グランパスの元ブラジル代表FWジョーだ。プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティでのプレー経験もあるストライカーは、ブラジルやUAE、中国を渡り歩き、今季鳴り物入りでJリーグ入り。開幕直後は2017年のブラジルリーグ得点王(18ゴール)の実力を発揮できなかったが、8月1日のリーグ第19節ベガルタ仙台戦(2-1)から4試合連続を含む9試合14ゴールと荒稼ぎし、現在サンフレッチェ広島のFWパトリックと並んで得点ランキングトップ(20ゴール)に立っている。

元コロンビア代表でセリエAカリアリなどでプレーをした経験を持つサガン鳥栖のFWビクトル・イバルボ、バイエルンやアーセナル、インテルなど欧州の名門クラブを渡り歩いてきたヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキも触れられているが、やはり注目は元スペイン代表の二人だろう。

「最も偉大なミッドフィルダーの一人」であるイニエスタは最終盤も魔法を見せるか

トーレスはチェルシー時代にUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験しており、国際舞台ではFIFAワールドカップ(W杯)と欧州選手権を制覇。スペイン代表通算110試合38ゴールで歴代9位の得点数を記録している。鳥栖ではまだリーグ戦1得点にとどまっているが、リーグ下位に沈むチームを救う活躍に期待したいところだ。

そして、最後に「最も偉大なミッドフィルダーの一人」と紹介されているのがイニエスタだ。バルセロナ一筋16年で公式戦通算674試合に出場。タイトルを30個も獲得するなど、欧州屈指の名プレーヤーとして世界に名を馳せる。FIFA(国際サッカー連盟)年間ベストイレブンの9年連続選出は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を凌ぐ。神戸では華麗なテクニックで会場を沸かせ、ここまで2ゴールも記録。シーズン最終盤もピッチで魔法を見せてくれるはずだ。

Jリーグは外国人スーパースターの来訪で多くの影響を受けており、来年はさらなるビッグネームが来ることにもつながるかもしれない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


sixteen + 4 =