2019年にサービスページャーを終了する日本の最終的なプロバイダー

日本の最後のページャ提供者は、2019年9月にサービスを発表しました。導入から50年後に、電気通信のビープ音に全国的な終わりをもたらしました。

Image: bbc

 

約1,500人のユーザーが、20年後にはデバイスを製造していないTokyo Telemessageに引き続き加入しています。

病院の労働者は電磁波を放射しないので、病院の従業員はそれを好むとジャパンタイムズは報告している。

普及しているデバイスは、ワイヤレスメッセージを受信して表示することができます。

その後、ユーザは、送信者に電話をかけるための電話を見つけることになる。

1950年代から1960年代にかけて発展し、1980年代に人気を博しました。 1996年までに、東京テレメサージュは120万人の加入者を抱えていました。

しかし、携帯電話の登場は古くなったページャになっており、世界中に残っているものはほとんどありません。

しかし、緊急サービスは、英国を含む信頼できる技術を引き続き使用しています。

Doctor and pager
Image: GETTY IMAGES

2017年の報告書によると、NHSは約130,000のページャーを使用しています。これは660万ポンド(840万ドル)の費用と何千ものファクシミリです。

ボーダフォンは昨年、同社のサービスプロバイダを発表し、PageOneは英国に残っているネットワーク事業者だけを残していた。

日本は、技術的評判にもかかわらず、ファックス機を引き続き使用しています。

先月、サイバーセキュリティ大臣の桜田義隆氏は、コンピュータ関係者や仲間の政治家を一度も使ったことがないと発表した。

Source :

BBC

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


19 − 16 =