2018年に日本で生まれた乳児の推定数は記録的な低

Image: Getty Images

 

比較可能なデータが1899年に入手可能になって以来、今年日本で生まれた乳児の推定数は最低にまで落ちました、政府データは金曜日に示しました。

厚生労働省によると、今年の数字は921,000と推定され、前年より25,000減少し、3年連続で100万のマークを下回った。

この年の死亡者数は、戦後最高記録となる推定137万人で、これまでで最大の448,000人の自然人口減少がありました。

データによれば、少子化の中で人口減少のペースが加速しており、2025年度末までに総出生率を1.8に引き上げるという政府の目標を達成することはますます困難になっている。

総出生率は、女性一人当たりの出産が見込まれる子供の平均人数の尺度であり、女性人口の年齢プロファイルおよび年齢別出生率に合わせて調整されています。 2017年は1.43、2016年は1.44でした。

安倍晋三首相は、子育てと教育への支援を拡大することで、人口減少を抑えることを約束した。

Source :

Mainichi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


9 + seven =