安倍首相の日本の地方の頭脳流出と闘う計画は混乱したレビューを引き出す

Image: Kyodo

 

世界中の他の主要都市と同様に、東京はその国の他の都市にとって魅力的な役割を果たしており、そのエネルギーと才能が新しいビジネスや芸術や文化を刺激する人々を魅了しています。

しかし、日本の他の都市にとって、東京のブームは彼らのバストです。地元の人々の流出 – それらの貴重な人的資源 – は人口減少につながります。

今、安倍晋三首相の政権は、この数十年前の動向に再び突入して、経済活性化のための彼らの考えが中央政府の中心となる43都道府県の82地方都市を指定する12月下旬の計画を明らかにします。東京の官僚によって承認されています。

地方自治体の間ですでに進行中の努力へのリフトとしてプログラムを歓迎する市長もいますが、プログラムが「ミニ東京」、または県の農村部から人々を流出させる地方都市の中心地を創設することになるかもしれないという懸念があります。

このイニシアチブの下、政府は、市街地を改善し、より効率的に居住者と周辺の地域社会に奉仕するためのよりコンパクトな市街地を作成する計画を提示する地方都市を選択するための資金を提供します。

また、若い女性が地域センターに滞在するよう奨励することも目的としています。特に女性が彼らの都市で仕事を見つけやすくするための資金と支援を提供することを目的としています。政府はまた、自治体に対し、日本が今後5年間で受け入れる予定の34万5000人の外国人労働者の一部を歓迎するよう奨励する。

地元の政治家やメディアは、新しい地域の中核都市計画を「ダム」のように機能していると説明し、国の他の地域から東京への人々の外向きの流れを阻止しています。

仙台市長、森和子市長は、この都市が東北地方の「ダム」であるだけでなく、近隣の都道府県から人々を引き寄せ、その地域の他の地域へ行くように促す「ポンプ」としても機能することを願います。

同氏は12日の記者会見で、「関東地方ではなく東北へポンプとして行動することを求めている」と述べた。 25、宮城県で唯一の地域の中核都市としての彼女の都市の指定に続いて。

過去10年間で、関東地方への人々の流入を阻止するための努力は大部分失敗しました。

内務省によると、2008年の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県への移住者数から引越し人口を差し引いた人数は、151,696人である。当初は、2011年には62,809台まで徐々に減少し、ある程度の成功が見られました。しかし、その後も増加を続け、2017年には119,779台に達しました。

人の移動や東京への資金提供など、地域の過疎化が続いているため、より少ない資源で活動する地方自治体間の協力が増えています。

北部九州では、北九州市を中心とする17の市町村が合同で140万人の人口を抱え、より統一された経済と住宅地を創出しています。北九州市長その交通インフラへ。

「様々な地方自治体が少子高齢化と人口減少に直面しています。同時に、私たちの地域では北九州空港と福岡空港が混雑しているので、様々な意味で風が背後にあります “と北原は12月12日に地元の記者団に語った。 24。

それでも日本の他の地域は注意と懸念を表明しています。

札幌、函館、旭川が地域の中核都市に指定されている北海道では、3つの拠点を作ることを考えています。

しかし、北海道への国内および国際的な玄関口である新千歳空港では、札幌は旭川や函館を含む他の地方都市からの人々のための磁石になりつつあります。

京都市だけが指定を受けた京都府では、京都新聞は、地域に利益をもたらすのではなく、計画が指定された都市にのみ利益をもたらすという恐れを表明しました。

「地方自治体の人口を中核都市に集中させるという新たな政策はすべて、「ミニ東京」の集まりを作成することへの懸念がある」と12月の京都新聞編集長は述べた。 20。

新聞はまた、推定34万5000人の外国人労働者の多く、おそらくほとんどが、国の農村部ではなく主要都市に行き着く可能性があると警告した。

安倍政権は、地域社会と外国人労働者との「共存」を支援する援助は利用可能であると述べているが、詳細は限られており、地方都市における小規模事業の多くの現地調査は、少数の分野を除いて観光など。

指定地域の中核都市が直面する最も困難な課題は、地方税の優遇措置やその他の移転計画を含む新たな誘因があっても、東京を拠点とする企業が移転することへの抵抗を克服することでしょう。そして、京都新聞が指摘するように、移転による地域の中核都市運動を支援することに特に強い抵抗を表にしそうな東京に拠点を置く労働者のグループがあります、そしてそれは官僚自身です。

「文化庁は京都に移転し、消費者庁の一部は徳島に移転するが、それがこれまでに起こったことのすべてである」と新聞は言った。

地域の中核都市プロジェクトになると、政策ダムを介して人々が東京に移動するのを阻止し、一方で地方自治体や全国の企業が東京から人々や企業を外に押し出すポンプを見ているように思えます。地域の活性化を推進する本物の道具。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 + six =