韓国は、日本への交互のアプローチに苦しんでいる

Image: Reuters

 

日本は再び韓国の政治の犠牲者になっており、最近では戦時中の「慰安婦」問題について数十年の論争があり、それ自体が長引く権力闘争を反映している。

韓国では、大統領は権力を握って皇帝にたとえられることが多い。その結果、新大統領の発足は、社会全体をダイナミックに変えることができ、外交政策を首尾よく進めることができます。

先週、2017年5月に大統領に就任したムン・ジェイン政権は、第二次世界大戦中に慰安婦の役割を果たしている韓国人に補償を与えるための資金提供を行う財団を解散する計画だ。財団は、朴槿恵(パク・グンヘ)前議員と安倍晋三首相との間で2015年に締結された協定に基づいている。安倍晋三首相は、2007年に慰安婦がボランティアだったと伝えた。

慰安婦や戦時労働に関する議論は1940年代にさかのぼるが、1965年6月、朴正熙(パク・チョンヒ)朴槿恵(パク・グンヘ)の父の独裁者が、激しい反論の合意にもかかわらず、日本との外交関係を正常化させた。

朴賛浩は、韓国人にこの動きを受け入れるよう求める声明を発表した。 “今日と明日のために必要ならば、”彼は言った。 「昨日誓った敵であっても、日本と一緒に参加することは、国益と人々の福祉を守る賢明な方法だ」

1979年に暗殺されるまで朴氏は韓国を逃走したが、現在の大統領は、慶煕(パク・チョン)大統領の演説で、

文学部を卒業した後、文氏は、かつて日本の朝鮮半島植民地支配(1910-1945)の間に日本に赴いた韓国人の事件を扱う法律事務所を代表して行った

Images: Yonhap/Kyodo

2012年の大統領選挙で、ムーンは朴槿恵(パク・グンヘ)に敗れていた。結局、朴氏は腐敗事件で没収された。ムーンはその後の選挙で勝った。

引き継ぎ以来、ムーン氏は過去の保守的な政権からの「深い根っこの悪」を根絶することについて話してきた。李明博(イ・ミョンバク)の直前の二人の前任者は、腐敗罪で投獄されている。

先月、最高裁判所は、日本の新日本製鐵と住友金属に、第二次世界大戦中に強制労働を強いられた韓国人4人を補償する裁定を下した。

韓国の進歩主義者は、国の「社会改革」努力の支配的象徴を考慮する。

日韓の関係は、韓国の政治的なフリップフロップの対象となってきた。

盧武鉉(ノ・テウ)大統領が民主化宣言を出してから30年余りが経ち、「過去」は依然として韓国で政治の中心となっている。保守的な政府が進歩的な政府に取って代わるたびに、「名誉の回復」は唱えられます。

Image: Reuters

2003年から2008年まで大統領を務めた盧武鉉(ノ・ムヒョン)自由党政権は、日本の植民地当局と協力した人々の子孫が継承した資産を押収し、国有化した。ムンは盧大統領を首席秘書官に務めた。

安倍晋三首相は、朴槿恵(パク・グンヘ)政権が発足する直前、朴氏の父親は「祖父の親友」と述べ、1957年から1960年の首相岸本信介だと述べた。

この発言は、二国間関係改善に向けた安倍の決意を示すことを目的としていたが、韓国の進歩主義者が、両大統領の日本の立場を強調するために使用された。

進歩的な政治家の金大中(キム・デジュン)政権は、野党の勢力に激しく抵抗したにもかかわらず、日本との外交関係の正常化に賛成した。

1998年から2003年に大統領に就任する金氏は、「外交が韓国の運命を左右するだろう」という原則には懐疑的だった。彼は、1980年に光州市で民主化蜂起を起こしたと疑われて死刑判決を受けたとき、日本は初めて人命を救うと嘆願したことを忘れられないと述べた。

今や左派の政治家が国をリードしており、韓国は日本のポップカルチャー、特に若い世代のブームを楽しんでいる。

しかし、ムーン大統領は「公的に」何を気にかけていますか?

通常、老人の「慰安婦」や戦時中の労働者ではなく、反日感情を引き上げるのは、左派グループと旧政府労組である。

朴槿恵(パク・グンヘ)大統領の弾劾と解任を要求したろうそく集会は、これらの少数勢力によって率いられた。

ソウルの「二重アプローチ外交」の悪影響は、保守派と進歩主義を交互に指揮しなければならない。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が2003年に政権を握った直後に、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、イラクに派兵するかどうかという大統領選の最も難しい決定であると見なした。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、進歩的な支持者たちを驚かせている。

「イラクに軍隊を送ることは、国益の拡大に必要となるならば可能な選択肢であり、それは国家の管理だ」とムーン氏は自記した。 「進歩的な収容所は、政府の管理の考え方に基づいて決定を下すことができるはずだ」と述べた。

おそらく月はこれらの言葉に固執するべきです

Source :

Nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


fourteen − two =