長年の協議の後、日本は米国の空母着陸慣行のために島を買うために、レポートは言う

Image: Stripes

 

Jiji Pressの木曜日の報道によると、日本政府は、鹿児島県にある米国の空母着陸練習用の島を3月にはすぐに購入する予定です。

何十年もの間、海軍パイロットは日本の硫黄島でキャリア着陸スキルを練習してきました。島は25,000人以上の日米軍を殺害した激しい第二次世界大戦の戦いの場所として知られています。その戦いの間に撮られた写真はバージニアの象徴的な海兵隊戦争記念館に影響を与えました。

過去数年にわたり、日本の防衛当局者は、その慣行を日本では硫黄島として知られる硫黄島から、空母航空基地5の本拠地である海兵隊航空基地岩国に近い島である真島に移すことを強く求めてきました。

元々、硫黄島は空母着陸練習のための一時的な場所としてのみ意図されていました。木曜日のスターとストライプスとの簡単なインタビューで、国防省のスポークスマンは着陸練習のための恒久的な場所を見つけることの重要性を強調した。

海軍パイロットは、配備前に空母着陸の資格を得るために、少なくとも年に1回は島で練習しています。キャリアエアーウィング5は、USSロナルドレーガンの最初の2018年の展開の前の5月にそこで練習しました。

2011年以来、日本の国防省は、米国の空母着陸方式の実施も可能な、真島に日本の自衛隊施設を建設することを検討してきました。 2014年、日本はその可能性を分析するためにMageshimaの環境調査に100万ドルを割り当てました。

動きの話は近くの島の何人かの居住者のための潜在的な騒音問題に対する不安を引き起こしました。日本の総務省の2010年の国勢調査によると、Mageshimaから8マイルの種子島には、約33,000人が住んでいます。

対照的に、遠隔硫黄島は東京の南760マイルです。民間人の立ち入りは制限されており、島は軍人を除いて無人です。

海軍は日本国民の騒音問題を認識しており、自国の訓練が地域市民に与える影響を最小限に抑える一方で、日本の防衛のための運用準備を維持する義務と相互協力条約の下での合意を満たすために努力している。米海軍は、硫黄島の空母着陸慣行に関する5月の声明で述べている。

Mageshimaの大部分は、現存しないTaston空港の土地開発会社によって所有されています。 6月28日、Jiji PressとKyoto Newsは、6月の東京地方裁判所は、債権者が破産申し立てを行った後、会社の資産を差し押さえるよう命令したと報じた。Tastonは、約240億円(約2億6000万ドル)の債務を負った。

報道された計画が実行されれば、日本はMageshimaのために約160億円、または約1億5000万ドルを支払うであろう、とJiji Pressが木曜日に報じた。日本の国防省職員は新聞に「首脳は議会での審議中に購入価格について説明できるようになる必要があるだろう」と述べた。

国防省のスポークスマンは、スターズとストライプスに対し、同局はタストンと交渉中だが、それ以上のコメントは拒否したと語った。

岩屋武国防相は、日本政府が離着陸のために島を買うことに近いとの報告を知っているが、火曜日の記者会見での交渉の詳細を明らかにすることを辞退した。

「私たちは、魔島の所有者と交渉を重ねてきましたが、現時点では何も決まっていません」と岩屋氏は語ります。 「FCLPのための施設、またはフィールドキャリアの着陸慣行はできるだけ早く必要とされるものであると信じているので、私たちは恒久的施設の建設に着実に取り組んでいきます。」

Source :

Stripes

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 × 3 =