資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

韓国裁判所が新日本製鐵と住友金属の現地資産を凍結した後の対応を議論する日本。

Image: Kim Hong-Ji/Reuters

 

日本は、戦時中の奴隷制度の犠牲者に補償金を支払うことを命じられた日本企業の韓国の資産を差し押さえるという裁判所の判決の後、韓国との交渉を求めるだろうと言います。

水曜日に韓国の浦項市の大邱地方裁判所は、同社が元労働者を補償するための画期的な判決を遵守することを拒否していたため、新日鉄と住友金属の資産の凍結要求を承認したと述べた。

東京では、菅芳英内閣官房長官が記者団に対し、日本政府が真剣に判決を下し、水曜の午後には閣僚が対応方法を議論するために集まると述べた。

昨年、韓国の最高裁判所は、1910年から1945年の間の朝鮮半島の日本植民地化の間に会社のために働くことを強制された4人の原告にそれぞれ1億ウォン(88,000ドル)を支払うよう新日本製鐵に命じた。

植民地時代の補償問題はすべて、1965年の両国間の条約によって解決され、裁判所の判決は外交関係をさらに冷やす可能性があると日本は主張している。多くの韓国人はまだ占領と第二次世界大戦の間に受けた虐待のために日本に対する強い憤りを抱いています。

日本の会社は、韓国の製鋼会社POSCOとの合弁事業で、約970万ドルの価値がある234万株を保有しています。

韓国のYonhap通信社は、浦項事務所で正体不明の関係者を引き合いに出して、地方裁判所が全株式ではなく、234万株のうち81,075株を凍結することを決定したと報じた。

Yonhapは、関連する裁判文書が合弁会社に提出されれば資産凍結が効力を生じると述べた。

AP通信の報道機関は、地方裁判所はYonhapの報告をすぐに確認することはできないと述べた。

11月、韓国最高裁判所は、2人の日本企業である三菱重工業に10人の元韓国人労働者を補償するよう命じ、日本からの強い叱責を受けた。

Source :

Aljazeera

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


1 × four =