警察の細胞は変化する人口統計を満たすように進化する

Image: japantimes

 

逮捕された人々が犯罪で告発されている警察所持細胞は、人権と国の多様化する人口に関する刑事司法制度の認識を高め始めている。

人口統計上、施設は様々な性同一性を持つ人々よりも幅広い健康と食事ニーズを満たす必要があります。

東京の渋谷区のポップカルチャーハブである原宿近郊の警察署では、9年前に拘置所が現場に移された。

トイレの窓を除いて、トイレ室は家にあるものとよく似ていて、多くの収容セルに見られる裸のトイレとは非常に異なっています。

逮捕された人々のための「一時的な住居」と呼び、警察当局の第1拘禁管理部長の三浦節子は、「各人が時間をかけて(反映する)環境を作り出そうとしている。 )。 ”

アタッチメントメッシュのもう一つの変化は、各措置が13.6平方メートルを測定し、最大5人の拘留者が使用するように設計されていることです。

東京都北区本部のMPD拘留施設の西ヶ丘サテライト事務所には、2017年1月に日本初の車いすアクセス可能なセルが設置された。このような措置は高齢者の被収容者に対処するために採択されている。

逮捕され、拘束された人々の割合は、MPDによると、増加している。平均して、65歳以上の容疑者は、過去5年間に人口の約10年前の割合を占めています。

「子孫」は、年配の容疑者のおむつの変更を調べるよう求められています。

第1拘禁管理部の役員は、「われわれの仕事は看護のようになることもあるので、注意を払う」と述べた。

もう1つ注目すべき傾向は、外国人拘留者の急増である。 2017年に開催された20,195人のうち、3,515人(17.4%)が日本国外であったとMPDは述べている。

警察は、宗教上の食事制限を守っている外国人拘禁者のために特別に準備された食糧を提供した。ラマダンのために急いで毎日の礼拝を行うイスラム教徒にも配慮がなされています。 LGBTマイノリティのケースでは、プライベートセルを使用することができます。

証拠から中断されているとされている警察、ホワイトハウス、拘置所は、同国の1,140の警察施設でホストされており、1日平均約8,600人の拘留者を拘留している。

標準として、拘留者はそれぞれ2.5平方キロメートルが割り当てられている。共有された警察の宇宙空間の数メートル。 MPDによると、家族からの書籍や衣類。拘禁された人は毎日の注文を伴う。

事件が起訴された後の事件は、法務省管轄下の勾留所に移される代わりに、検察官に送られた。

「代用刑務所」と呼ばれるこの悪名高いシステムは、国内外で告訴の機会や容疑者を大まかに批判し、24時間にわたり監視されている。

警察は警察の運営管理を調査部から1980年に直接調査に関与していない総務部に移した。

しかし、代替刑務所を使用する慣行は、刑事捜査を容易にする手段となっている。

ほとんどの容疑者は、通常、逮捕から23日以内に来る。原則として、起訴された容疑者は勾留センターに移送され、有罪判決を受けた場合は刑務所に送られる。

検察官が逮捕されたとき、旧日産自動車の事件東京収容所で拘束されているカルロス・ゴーン会長は、当初からセンターを中断している。

三浦容疑者は、警察が警戒心を抱いていると主張している。

原宿駅の4階から7階に潜在的に約300人の拘留者を収容することができます。各階は性別で区切られており、女性収容者専用の7階には少なくとも1ダースの部屋があります。

訪問では、別館に布団がきれいに並んでいて、日光のサンプルを受け取っているように見える運動場があった。それは全体的に、明るくて居心地の良い雰囲気の部屋で、ディンギーと表現することはできません。

「(被拘禁者)の身体状況をよく把握し、時には尋問を止めるための提案をすることもある」と三浦は述べた。

それでも、自殺未遂、口頭での虐待、戦闘などの問題は、警察の細胞ではまだ勃発しています。建物は安全に拘束され、警察官は定期的に巡回を行います。

被収容者のための食糧や保健医療を含む拘置施設を維持するための課税コストも増加している。

2017年度には約6億1600万円が被収容者の食糧に使われたが、医療費は約430円とMPDによる。

三浦容疑者は、「容疑者の過度の要求は決して受け入れることができない」と述べたが、警察は、刑事訴訟手続きを円滑に進めるために警戒を慎重に検討した。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four − 3 =