褪色インク:日本の「手彫りの」タトゥーマスターは彼らの芸術を生かし続けるために戦う

Image: Getty Images

 

東京の六本木地区にある小さな、臨床的に照らされたスタジオでは、恐ろしい戦士たちと神話上の生き物たちが、スペースの周囲を囲む紙の絵から目を光らせています。
ここの彫師は、単に竜源として識別されることを求め、伝統的な日本のイメージ – 自然にインスピレーションを得たカラフルで漫画のような形、宗教的な図像、そして国の有名な「浮世絵」の木版画を専門としています。

龍源の方法も歴史に染み込んでいます。実際、彼はまだ「テボリ」(文字通り「手彫り」)の入れ墨の古代の伝統を実践している少数の日本の芸術家の一人です。
日本で最初に書かれた入れ墨の記録は2千年以上前のもので、Ryugenのような針のついた棒の使用は何世紀もさかのぼることができます。テボリの道具は現代のタトゥーマシンと比べると原始的に見えるかもしれませんが、原理はほとんど同じです。アーティストは棒を使って手で肌の最上層の下にインクを押し、装飾や罰のどちらかに永久的な印を残しました。

Italian photographer Felice Beato captured Japanese men tattooed with hand-carved tattoos in the 1880s.
Image: Yokohama School

彼が衛生のために使い捨ての針の先端を使用するけれども、彼が単純な織物の袋に入れておくRyugenの道具はこれらの何世紀も前の道具とほとんど違いがありません。彼のテクニックを説明しながら、彼は親指のしわに沿ってロッドの1本を静止させる前に、それを繰り返しの激しい動作で動かしています – 一種の掘る動作です。
現代の入れ墨機械は芸術家が皮の正しい層を突き通すのを助ける深さの設定を特色にするが、teboriのマスターは一人で感じることに頼る。 Ryugen氏は、伝統的な方法で「直感的に」タトゥーを入れることができると述べたが、彼は通常タトゥーガンを使って輪郭を描きます。
その利点は、色が明るく、強く、そして長持ちするということです。手動の方法はまた彼が1つのインクだけを使用して、鈍い色から強い色まで、より滑らかなグラデーションを作成するのを助けます。

そして彼の技術は愚かに見えるかもしれませんが、Ryugenはそれが電子的な同等物より「ずっと痛みが少ない」と考えています。彼のクライアントの1人、34歳の酒井良太は、賛成しましたが、彼は伝統的なタトゥーはより時間がかかり、したがってより多くの費用がかかると述べました(Ryugenは、ほとんどのタトゥーアーティストと同様、1時間ごとに課金します)。

A man shows his traditional-style Japanese tattoos during the Sanja Matsuri festival in Tokyo. Over 1.5 million people flocked to Tokyo's Asakusa district during the three-day annual festival, which heralds the coming of summer in the Japanese capital.
FRED DUFOUR/AFP/AFP/Getty Images

酒井の両腕と胸にはテボリの入れ墨があり、背中には三つ目​​の仏があります。伝統的な方法を選ぶという彼の動機は、ほんのわずかな色合いを表現するRyugenの能力と部分的に関係がありました。
「若い頃から歴史に興味がありました」彼は電話インタビューを言った。 「そして私は特に江戸時代が大好きです。江戸時代はこれらのタトゥーデザインが開発されたときでした。
「私は宗教的ではありませんが、仏教、江戸時代、そして武士のデザインが好きです。」
脅威の下での伝統

日本の木版画の伝統を活かした職人たち

龍源は芸術家と同じくらい職人です。日本の多くの商人のように、彼のキャリアは長い見習いで始まりました。
1年間彼のマスターをシャドーした後、Ryugenはプロになり、日本のマフィア、Yakuzaからの顧客への訪問で彼に同行し始めました。彼が2000年代初頭に自分のスタジオを開く準備ができたと感じるまでには、さらに7年間の勉強が必要です。

「(タトゥーを使う)機械よりも習得に時間がかかる」と彼は言った。 「角度、速度、強さ、タイミング、「ポーク」の間隔など、さまざまなパラメータがあるためだと思います。あなたはそれらすべてをコントロールする必要があります。」
彼の工芸品は脅威にさらされているようです。入れ墨に対する社会的態度はここ数十年で緩んでいますが、Ryugenはテボリの入れ墨への関心は限られていると述べました。彼は、クライアントの70%が外国人であり、彼の見習いでさえアメリカ人であると推定しています。

「ほとんどの日本人(人々)は、それがどのように行われているのか – マシンでもテボリでも – 気にしない」と彼は言った。 「デザインやアーティストのスキルと関係があるのです。」
日本のボディーアートを研究してきたパーデュー大学フォートウェインの社会学教授、山田美枝子氏によると、日本人は伝統的なスタイルにもあまり興味を持っていない。
「素人 – 学生、またはオフィスワーカー – は現代的な洋風のスタイルを好み、小規模です」と彼女は電話インタビューで、体の大部分をタトゥーで覆うという日本の伝統に言及しながら語った。
しかし、Ryugenの職業にはもう一つの脅威があります。それは法律です。 2001年の厚生労働省が「針の先に色素を入れて皮膚にインクを入れる」という行為は医療行為と見なすべきであると宣言した2001年以来、タトゥーアーティストは法的に灰色の領域に存在していました。

医学の学位がなければ、事実上すべての彫師が突然自分たちが違法に活動しているのを発見した。それ以来、最大30万円(2,600ドル)の罰金が違反者に手渡され、取り締まりが行われました。
それにもかかわらず、タトゥースタジオは広く容認されています。彼のスタジオは予約制で、外部からは他のどのアパートメントとも変わらないが、Ryugenはオンラインで見つけやすい。彼は業界の不安定な状態への実用的な解決策を求めた。
「アメリカやヨーロッパのように、タトゥー(しかしそうではない)ライセンスシステムについての規則が必要ですか?」

進行中のタブー

日本はタトゥーと複雑で問題を抱えています。しかし、この国での長い間の入れ墨の歴史にもかかわらず、18世紀半ばになって初めて絵画のテーマが登場しました。それは、現在でも彫師や宗教的人物などの彫り師によって使用されているテーマです。

 "Unity of Three Happinesses: Favorite Actors Before a White Waterfall" (1863) by Toyohara Kunichika
Image: Courtesy Museum of Fine Arts, Boston

ボディアートは、近代化を推進する中で、部外者によって原始的であると見なされるかもしれない慣習を追放するための努力をした、新政府によって入れ墨が非合法化された1868年まで、下層階級の間でますます人気になりました。

禁止は第二次世界大戦後に解除されました。しかし、入れ墨は依然としてタブーと見なされ、組織犯罪と関連するようになりました。 (Ryugenが若かった頃、彼の顧客の約半数はYakuzaから来ていましたが、現在は彼はマフィアで働くことを拒否しています。)
「最近の日本の人々は、ミュージシャン、バスケットボール選手、入れ墨を持っているプロのため、入れ墨を持った人々に対してより寛容に思える」と山田氏。 「しかし、人々が目に見える入れ墨を持っているならば、彼らは彼らの仕事から解雇されるのを本当に恐れていることができます。それで彼らはそれらを隠す傾向があります。」

今日まで、日本の多くの大浴場や体育館は目に見える入れ墨を禁止しています。しかし、この保守主義はタトゥーのすべての形態に適用されますが、Ryugenは衛生上の懸念が時代遅れのテボリ法に追加の汚名を付けると考えています。
「私のやり方は機械と同じだ」と彼は言った。 「ニードルは使い捨てで、私は手袋をはめます。しかし人々は、それは非常に原始的なので、テボリは汚れている、または安全ではないと思います。」
今のところ、彼ができる最善のことは彼の業界の窮状に対する意識を高めることです。彼のスタジオの棚に、一握りのコインが入った小さな箱に、「日本で入れ墨を保存する」という簡単なメッセージとともに寄付が求められています。

Source :

CNN

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


one + seventeen =