火の玉が西日本の上空を通過

Image: Independent

 

木曜日の初めには飛んでいる火の玉が西日本の広い地域で見られました。

67歳のアマチュア天文学者、上田正義氏は木曜日の午前4時50分ごろ、大阪府の羽曳野市にある自宅でこの物体の写真を撮影することに成功した。

「音を録音することはできませんでしたが、一瞬点滅して大きな火の玉になりました」と上田氏。 「いつ、どこで見られるのか予測できないのでラッキーでした」

神秘的な飛行物体に関する情報をインターネットに掲載した人もいます。ある人は「私は強打を聞き、ゴロゴロと鳴っているのでそれは地震だと思った」と言い、別の人は「私は非常に大きな音に目覚めた」と言った。

国立天文台の准教授である山岡仁氏は、次のように述べています。

「今回見たものは、長さ約半メートルの大きな物体だったと思います。山岡氏は、このような物は通常空気中で蒸発するが、これは地面に落ちた可能性があると述べた。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


two × 3 =