河野、ラブロフが日本・ロシアの平和条約交渉を率いる

Image: asahi

 

日本とロシアの外相は、平和条約締結のための新たな交渉の枠組みを進めるだろうが、紛争地域に対する主権は、この目標を達成する上で大きな障害となっている。

安倍晋三首相は、12月1日にブエノスアイレスで開催されたロシアのプーチン大統領との会談で、首脳会談の席上で新たな枠組みに関する合意に達した。

プーチン大統領は、安倍晋三首相との会談後の記者会見で、「将来の相互作業と信頼水準の向上のための補完的メカニズムを作り出すことに合意した」と述べた。

最近の動きは、1956年の両国の共同宣言に基づく平和条約交渉のスピードを速めるために、11月14日のシンガポール協定に続くものである。

今までは、第二次世界大戦の終わりにソ連軍に押収された北海道沿岸の4つの小さな島であるノーザン・テリトリーでの紛争を突破するために、ロシアの関係者と交渉するために様々な特別補佐官を使用してきた。

しかし、現在、平和条約の締結に焦点を当て、河野太郎外相とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、外務省の権限の下にある条約に関する交渉を担当する。

ナッツとボルトの交渉は、麻生外務次官(外務次官)とロシア副大臣イゴール・モルグロフ(Igor Morgulov)が担当する。

河野氏とラブロフ氏は記者たちに説明した政府関係者によると、1月にロシアを訪問する前に、新しい枠組みの下で会合を開く。

さらに交渉は、2019年6月までにG20サミットが大阪で開催される予定で、プーチン大統領の出席が予定されていることから、原則として2人の外相と補佐官による交渉が行われる。

日本は、平和条約に調印する前に、ロシアが4つの紛争島を返還すると主張してきた。

しかし、シンガポールの合意は、ロシアに1956年宣言に明記されているように、ハボマイ諸島とシコタンの2つを返還させるという最初の交渉に焦点を当てるという、アベの意図を示した。

しかし、プーチン大統領は、安倍晋三首相と会談した直後のシンガポールでの記者会見で、1956年の宣言は、どの国がハボマイとシコタンに対して主権を持つのか明らかにしていないと述べた。

ロシアとの交渉で主権をめぐる違いだけが固執する点ではない。

最近のロシアのウクライナ船の最近の押収によって引き起こされたロシアと米国のますます緊密な関係もまた、日露の会談に大きな雲を投げかける可能性がある。

安倍長官はプーチン大統領に対し、ハボマイとシコタンが日本に帰還すれば、これらの島には米軍基地は許されないと語った。

しかし、モスクワは、米国が日本との共同治安協定をどのように実施したいかに関する制限を拒否することができることを踏まえ、その約束について確信することはできないかもしれない。

日本とロシアは、領土紛争を解決し、結果の道のりではほとんど示唆していない平和条約に署名するために様々なチャネルを試みた。

このような事例の1つは1998年で、両国の外相が領土紛争を議論する共同委員長を務めた時であった。しかし、その委員会は問題の解決に失敗した。

また、ロシアと米国の対立は、これまでも東京・モスクワの交渉を妨げていた。

2014年にロシアがクリミアを併合した後、日本はロシアに対する経済制裁を打ち負かすために米国と欧州諸国に加わりました。しかし、ロシアに向けられた国際的な批判は、日本がノーザン・テリトリーでロシアとの交渉を続けるのを止めるものではなかった。

それでも、ロシアに与えられた特別な配慮は、明らかにプーチンを気に入らなかった。彼は10月に制裁問題を提起し、それがロシアと日本の間の信頼を育てるのに貢献した措置ではないと言った。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


12 + 11 =