日産など3社トップが協議へ=連合の在り方めぐり

Photo: VCG

 

【パリ時事】日産自動車、三菱自動車、仏自動車大手ルノーのトップは今週、会合を開く。ロイター通信が25日伝えた。3社連合のかじ取り役だったカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、今後の提携の在り方を協議する見通しだ。

ロイターによれば、会合はオランダのアムステルダムで開催。ルノーの暫定トップを務めるボロレ暫定副最高経営責任者(CEO)と、日産の西川広人社長がゴーン容疑者の逮捕後に初めて顔を合わせることになりそうだ。

一方、ルメール仏経済・財務相は同日、仏テレビBFMに出演し、3社連合のトップをルノーから出す原則が継続されることが望ましいと表明。また、現状の株式持ち合いを維持した連合強化を望むと述べた。 【時事通信社】

Source :

News Nifty

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


11 − 6 =