日本日経平均は、米国と中国の貿易停戦の7週間ぶり高値を更新

Images: REUTERS/Tilman Blasshofer

 

ドナルド・トランプ大統領と中国の胡錦濤国家主席との間で貿易戦争が激化する90日間の停戦に合意した後、日本の株式市場の主要指標は2018年12月3日月曜日に7週間の最高値まで上昇した。 2つの国。貿易以外の投資家は、米連邦準備制度理事会(FRB)議長のジェローム・パウエルによるコメントから、利上げのペースが遅いことを示唆している。海上輸送、石油&石炭製品、鉱業、輸送機器、非鉄金属、および鉄鋼の問題は注目に値する。 22日の午後の取引では、日経平均株価(225種指数)は241.74ポイント(1.1%)高の22,592.80ドルで、10月18日以来の最高値をつけた。東京証券取引所のファーストセクション1.33%増の1,689.58となりました。

東京市場は、世界経済見通しの救済であるG20サミットと新興市場向けの緊張緩和の3ヶ月間の中国に対する関税引き下げに合意した後、

ドナルドトランプと西ジンピンの間の大々的な会合で、世界の2大経済大国の首脳は、世界的な株価が暴落しているため、ほとんどの年。指導者たちは、貿易紛争の中止を少なくとも90日間続け、中国の技術政策に対する意見の相違をスムーズにすることを可能にした。

Sと他の貿易相手は略奪的と考えている。トランプ氏は、1月1日に予定されていた中国製品で2000億ドルの関税引き上げ計画を延期することになっている。その代わりに、西は米国から農業、エネルギー、工業製品の「かなりの量」を購入することに合意した。中国との巨額の貿易赤字を削減する。

ハイテク、自動車、機械類などの中国市場へのエクスポージャーの高い株式は、アウトパフォームされています。日立とTDKはそれぞれ5%、トヨタ自動車は3.5%高。ホンダは2%、ファナックは2.5%、安川電力は3.1%を追加した。

経済面では、財務省(MOF)のデータによると、資本支出は、化学、生産機械、情報通信を中心に、昨年同期から7月〜9月に4.5%増加した。前四半期の12.8%の増益から減速した。ソフトウェアを除くと、資本支出は7月〜9月に前四半期比で4.0%減少し、季節調整後ベースでは5四半期ぶりに減少しました。

日本の最終的なMarkit /日経日本製造業購買担当者指数(PMI)は、季節調整ベースで52.2であった。これは、51.8という朗読から10月の最終52.9を下回った。指数は27ヶ月連続の拡大から収縮を分離する50の閾値を上回ったままであった。 11月のPMIの新規受注指数は、前回の49.6と52.6と比較して50.9となった。輸出受注指数は、先月の最終50.8で、10月の終値51.1を下回った。

通貨ニュース:月曜日、ニューヨークでの水準を中心に、円はユーロ高の113円台前半で手を入れた。ドルはニューヨークで113.36~46円、金曜日に東京で113.46~48円であったのに対して、113.77~78円であった。一方、ユーロは、ニューヨークで128.41〜511円、東京で金曜日の取引で129.12〜16円に対して129.02〜99円を奪った。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


twenty − 11 =