日本政府、ニューヨークタイムズの捕鯨討論に反対

Image: AP

 

日本政府は、ニューヨークタイムズ紙で、捕鯨を禁止するようにとの社説に反論し、同国はクジラの保護に力を注いでいると述べた。

「日本:捕鯨を阻止する」と題した社説は、昨年末、国際捕鯨委員会から商業捕鯨再開の決定を発表した後に出版された。

IWCによって確立された国が「科学的方法論に基づいて厳格な漁獲制限を設定する」と、大須賀外相は金曜日の新聞のオンライン版に掲載された編集者への手紙で述べた。

「これは日本が何百年もの間捕獲するすべての鯨種の持続可能性を確実にする」と彼は言った。

「日本の行動は国際法を完全に遵守している」と同書簡は述べ、同国の捕鯨は海洋資源の使用を主権とする排他的経済圏に限定されていると説明した。

大須賀氏はまた、「捕鯨に関する一般的な国際禁止はない」と述べた。

「捕鯨は何世紀にもわたって日本の文化の一部でした。」それはノルウェー、アイスランド、そしてデンマーク、そしてアメリカとカナダの先住民族の間でもそうだったと彼は言った。

「日本を選び出すのは不公平だ」とその手紙は言った。

大須賀氏は「自国の文化遺産とそれに密接に関連する産業の保護に対する日本の懸念を、「短期的な政治的利益」に動機付けられた「国家主義的政治家による賭け」として却下するのは不快だ」と論説として述べた。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


one + seven =