日本は2019年までに最も儲かるワールドカップ

Image: Cyprusmail

 

ブレット・ゴスパーは、日本の2019年が最も有利なワールドカップであり、おそらく最も競争力があると考えている。

トーナメントの第9版は、利用可能なチケットが最大770,000枚減っているにもかかわらず、イングランド2015が設定した£345millionの収益を約5%上回る過去の記録を破ることになります。

最後のワールドカップの経済的インパクトは23億ポンドで計算され、ワー​​ルドラグビーのゴスパー最高経営責任者(CEO)は、数字も上回ると考えている。

Gosperは、「われわれは経済的インパクトについて研究し、最後のワールドカップでイングランドが達成した以上のものだった」と、GosperはPress Association Sportに語った。

「我々はそれがまだ最もインパクトの強いワールドカップであることを期待している。ソーシャルメディアのプレゼンスは2015年を追い越し、商業収入も追い越されます。

「約4年前、収益は20%から25%減少すると予測しましたが、今は2015年の商業収益を5%ほど上回ることになります。

「イングランドのチケット売り上げは247万枚」が最大のままだが、それ以外の基準ではこれは記録的なワールドカップになるだろう。

「日本2019は今までの中で最もインパクトの強いワールドカップとなり、アジアや世界のラグビーのゲームチェンジャーになるだろう」

ピッチでは、Gosperは激しい秋から、世界チャンピオンのニュージーランドがアイルランドに追いつめられ、イングランドにほとんど敗北したことから勇気づけている。

世界ランキングの上位4チームのうち3チームは欧州からのもので、その半球が軸をずらして配置されており、来年には6チームがWebb Ellis Cupを持ち上げることができます。

Gosperは、「我々は常に最も競争力のあるワールドカップを可能にするよう努めており、それはまた、ティア1とティア2カ国間のギャップを埋めることを意味する」と語った。

「テーブルの上部には、以前はオールブラックスの周りに無敵感があったが、今では可能な限り挑戦者としてフレームに入る多数の候補者がいるようだ。

「それは非常に興味深いものになるだろう – 多分最も競争力のあるワールドカップと同様に最も商業的に成功するだろう。

また、世界ラグビーの「インパクトビヨンド」レガシープログラムは、アジアで100万人のプレーヤーを獲得するという目標をまだ上回っており、9ヶ月間はまだそれを達成しています。

これまで参加してきた参加者のうち、パキスタン(23万7000人)、中国(18万人)、インド(106万人)などの新興ラグビー国がかなりの貢献をしています。

ゴスペル氏は、「これは定期的に行われるラグビーの参加者ではないと主張しているが、今回は、クラブ、学校、大学を通じてゲームをサンプリングした人たちがより埋め込まれるようにすることに焦点を当てている。

「中国とインドでは膨大な数になっている。私たちはインドにトロフィーツアーをしました。これは、それが作成した関心と誇大宣伝の点で驚くべきものでした。 1つのイベントで、16,000人の学校の子供たちがワールドカップを見に来ました。

“これは大きな市場であり、我々は彼らが大規模な参加広告と商業的可能性を信じている。ワールドカップを日本に招くことは、その観点から非常に強い決定であることが分かっている」

Source :

Cyprus Mail

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five × two =